ビットコイン、急騰の理由は「底を打った」心理で買い先行

ビットコイン、急騰の理由は「底を打った」心理で買い先行

ビットコインをはじめ、仮想通貨市場全体がここ4日間大きく上昇している。20日には少し勢いが弱まっているように見られるが、ビットコインは一時3900ドルを突破するなど久しぶりに上昇への期待感が市場全体に広がっている雰囲気だ。

コインマーケットキャップによると、ビットコインは20日午後1時30分時点で過去24時間比0.6%高の3794ドル前後で推移している。他のコインも数日間の上昇局面から調整の動きを見せている。リップルとイーサリアムはそれぞれ3%安と1%安で、時価総額10位内の殆どのコインも若干下げ気味。しかし、ビットコインキャッシュは20%以上上昇し138ドル前後で取引されている。市場では、底を打ったと判断した投資家らが買いに出たと分析されている。

代表的なビットコイン支持者で、最も有名な世界的なセキュリティソフトウェア開発者ジョン・マカフィー(John McAfee)氏も最近のビットコインラリーについて肯定的に評価し「ビットコイン相場の調整に当惑する必要はない」と語った。マカフィー氏は19日、自身のツイッターに「もし今の上昇が強気相場の始まりのであれば、差益を狙う投資心理などの影響で一時的に下落することは頻繁に起こるだろう。ビットコイン価格急落に当惑する必要はない」とし「すべて強気相場は直線的な動きを見せない。大きく上がって少し下がる過程を繰り返す。冷静になれ」と語った。

しかし、各国の規制政策やビットコインETFに対する米証券取引委員会の否定的な判断など挙げながら「依然として価格急落の可能性は存在する」と主張する声もある。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米ネットフリックスが21日(現地時間)、昨年第4四半期の実績を発表した。発表によると、海外の新規会員…
  2. ロシア極東ウラジオストクに輸入された日本製の自動車から基準値を超える放射線が検出され、日本に返送した…
  3. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染者が初めて米国でも確認された。中国の首都北京をはじ…
  4. 昨年、韓国経済が成長率2%台の維持に成功した。しかし、2009年の世界的な金融危機以降、最も低い成長…
  5. 中国の保健当局が新型肺炎の「人から人への感染」を確認したと発表した。…

おすすめ記事

  1. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  2. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  3. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  4. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  5. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
ページ上部へ戻る