米FRB、0.25%利上げ…来年の利上げは3回から2回へ

米FRB、0.25%利上げ…来年の利上げは3回から2回へ

米FRBが19日、政策金利を0.25%引き上げた。これにより米国の政策金利は、2.25%〜2.50%に上がった。今年に入って、3、6、9月に続く、4回目の引き上げとなる。

米FRBはこの日、2日間のFOMC(連邦公開市場委員会)の会議を終え、この様な内容の政策金利引き上げ決定を発表した。金利引き上げは満場一致で決定している。

FRBは声明で、「労働市場と経済活動が引き続き強い上昇傾向を見せている」と、「労働市場の状況とインフレ傾向を根拠に、金利を引き上げる事にした」と説明している。

FRBは、今後も随時段階的に金利を引き上げる動きを維持して行くとしているが、来年からは通貨緊縮のスピードを調節すると見られる。

FRBは、来年度の金利引き上げ回数を従来の3回から2回に下方調整した。FOMC会議直後に公開されたドット・プロットでは、FOMC委員17人中11人が、来年度の金利引き上げは2回を超えてはならないとした事が分かった。

この様な調整は、低い失業率などの実体経済がしっかりとした流れを維持しており、追加緊縮を裏付けてはいるものの、金融市場に現れている通貨緩和の期待感を反映したものだと見られる。

FRBのジェローム・パウエル議長は、金利引き上げ決定後の記者会見で、「FRBは、現在の強い成長と失業率減少を予想しているものの、それが実現されなければ道程を変える可能性もある」と話している。

FRBは、再来年は従来通り1回の引き上げ予測をそのまま維持したものの、2021年は据え置きが有力との展望だ。また、今年9月には3%と見ていた長期金利を2.8%に下方修正し、2020年と2021年の金利の中間値は3.1%と見ている。

FRBは、来年の経済成長率も小幅に下方修正した。GDP(国内総生産)成長率の予想値は従来の2.5%から2.3%に引き下げた。

今回の金利引き上げは、ドナルド・トランプ大統領が前面に立って、金利引き上げを強く反対する中で決定された。

トランプ大統領は今月17、18日と2日間連続でツイッターを通じ、「ドルが強い傾向にあり、実質インフレも無いのに、FRBはまた金利を上げようとしている」、「FRBは意味の無い統計値ばかり眺めずに、市場を肌で感じろ」と、金利据え置きを促していた。

パウエル議長は会見で、「政治的な考慮は、FRBの金融政策決定において、どの様な役割も果たさない」と、「FRBの独立性は、中央銀行の働きには欠かせない」と強調した。

翻訳:水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国のドナルド・トランプ大統領が19日、イランに強力な最終警告を投げ掛けた。この日の警告は、イラクの…
  2. 脱北女性の多くが中国で売春などを強要されていると、英国の民間団体が発表した。…
  3. 米国証券取引委員会(SEC)がビットコインETF(上場投資信託)の承認判断を再び延期した。SECは2…
  4. 「韓国経済、下落に突入…2020年代には成長率1%台」 -生産性の鈍化で成長率は下落…拡張的…
  5. 米中貿易交渉を再開するための最後のチャンネルと期待されている、両国の高位級貿易交渉が岐路に立たされて…

おすすめ記事

  1. 2019-5-20

    ファーウェイ、「米市場を放棄してでも、妥協はしない」…攻勢に出る中国

    米中貿易交渉を再開するための最後のチャンネルと期待されている、両国の高位級貿易交渉が岐路に立たされて…
  2. 2019-5-14

    激化する米中貿易摩擦、次は通貨安競争か

    貿易交渉で対立している米国と中国が、最悪の状況を想定した防御の準備に苦心している模様だ。安定に維持し…
  3. 2019-5-13

    Uberも上場直後から株価急落…スタートアップの限界露呈?

    2014年のアリババ上場後、約5年振りの超大型新規株式公開(IPO)として注目を集めていたUberだ…
  4. 2019-5-9

    イラン、核開発再開を宣言… 緊張感高まる中東情勢

    イランが西側諸国と2015年に締結した核合意の履行を一部停止するとの方針を8日(現地時間)に打ち出し…
  5. 2019-5-8

    再び浮上する「北朝鮮リスク」…韓国の国家信用等級格上げは遠く

    韓国の国家信用等級格上げの障害となっていた北朝鮮リスクが、再び浮上する兆候がみられる。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る