文大統領支持率47%と小幅下落…「支持率停滞」

文大統領支持率47%と小幅下落…「支持率停滞」

世論調査機関である韓国ギャラップの今週の調査によると、文在寅大統領の国政支持率が47%となり、先週に比べ小幅に下落した事が分かった。

韓国ギャラップが18日に発表した世論調査によると、文大統領が「よくやっている」との肯定的な評価は、先週の48%から1%下落した47%だった。一方「よくやっていない」は先週と変わらず44%だった。

文大統領の支持率は、先月45%台と最低値を記録した後、2ヶ月以上50%台を回復出来ないでいる。また、肯定・否定の評価間の差も±3.1%の誤差範囲内に収まっている。

韓国ギャラップは、「両者の差は3%で、事実上、肯定・否定の割合が同じ状態が1ヶ月以上続いている」と説明している。

最近、最低賃金引き上げや雇用問題のみならず、政府内部者の暴露事件、与党議員の不正疑惑などがネガティブな影響を与え、支持率回復の足を引っ張っている。

国政運営別に見ると、「大統領を支持する理由」として、北朝鮮との関係改善(28%)、庶民福祉の拡大(8%)などが上がっている。

一方、否定的な評価をした応答の半数ほどは、経済問題の解決不足(49%)を理由として上げており、親北傾向(14%)、最低賃金引き上げ(5%)なども否定的な評価を受けている。

年令・性別・地域別では、30代(肯定59%、否定33%)、40代(53%、42%)、女性(49%、40%)、ホワイトカラー(56%、38%)で肯定的な評価が高い反面、60代以上(36%、50%)、男性(44%、48%)、自営業者(40%、54%)では否定的な評価が高かった。

政党別の支持率は、与党の「共に民主党」(40%)、支持する政党は無いとする「無党派層」(26%)、第1野党の「自由韓国党」(16%)、「正義党」(8%)、「正しい未来党」(8%)、「民主平和党」(1%)の順となった。先週に比べて正しい未来党の支持率が1%上昇し、正義党の支持率は1%下落した。

今回の調査は、今月15〜17日に全国成人1002人を対象に実施され、標本誤差は95%の信頼水準から±3.1%。詳細な結果は韓国ギャラップのホームページ、または中央選挙世論調査審議委員会のホームページで確認出来る。

翻訳:水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  3. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  4. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…
  5. イメージはゲームストップの公式Twitterより。 米株式市場で最近、機関投資家らに対抗してゲーム…

おすすめ記事

  1. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  2. 養子となって僅か10ヶ月、養父母による虐待で死亡したジョンインちゃん(養子縁組後の名前:アン・ユル…
  3. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  4. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
  5. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
ページ上部へ戻る
Translate »