ビットコインが反発…3500ドル台を再び狙い

ビットコインが反発…3500ドル台を再び狙い

3401ドルまで落ちただビットコインの価額が強く反発し、再び3500ドル台回復を狙っている。

コインマーケットキャップによると、ビットコインの価額は31日午前10時30分時点で3497ドルを記録中だ。ビットコインの上昇に他のアルトコインも上がっている。時価総額10内の殆どのコインが前24時間比で1~14%で取引されている。特にリップル(XRP)は14.9%高の上昇率をみせ、注目を集めている。

リップル社の競合他社であるスイートプ(国際銀行間通信協会、SWIFT)がブロックチェーン・コンソーシアム「R3」との統合計画を発表したことが好材料となっている。R3はリップルを決済手段として使用する分散型決済アプリ「コーダ・セトラーズ(Corda Settler)」を昨年12月に発売している。

一方、ビットコイントレーダーで有名なジャック・スパロウ氏は「ビットコインがついに大底に近接した」と主張した。同氏はチャート分析に基づいて、「以前の半減期の前には、ビットコインが発行減少量の58.7〜70%の間で底を打った。現在のビットコインは62.4%の水準。歴史的指標の通りなら、仮想通貨は数ヶ月以内に大底を見つけることを意味する」と強調した。

仮想通貨支持者で事業家のアレックス・メルレン氏も最近、ツイッターを通し「過去と現在の価格条件の間で仮想通貨の歴史が繰り返されるとしたら、今後数週間の間に、あるいは数ヶ月以内にビットコインが大底を見つける可能性がある」と主張した。

【ビットコインの市況】

ビットコイン、弱含み…一時3400ドル割りの危機も

ビットコイン、3500ドル割り…2000ドルまで下落可能性

ビットトレントのICO、わずか15分で完売

ビットコインが急落…3500ドル台割りが目前に

ビットコインが弱含み 3500ドル台で推移…専門家ら「2000ドルまで下落可能性」

ビットコイン、3600ドルラインで攻防…近づく半減期 5月からは上昇?

BTC、3600ドル回復…サムスン携帯の電子財布搭載は好材料?

「BTCは売られ過ぎ…大底に近接した」…ブルームバーグ分析

関連記事

ピックアップ記事

  1. 19日、世論調査会社「韓国ギャラップ」によると、文大統領が「よくやっている」とする肯定的な評価は、先…
  2. 北朝鮮の外務官僚が朝鮮中央通信を通じてマイク・ポンペオ米国務長官を非難し、降板を要求した事について、…
  3. 韓国気象庁は、19日午前11時16分、韓国東部の東海市の沖で地震が観測されたと発表した。震源地は東海…
  4. 今月15日(現地時間)に発生した、フランス・パリのノートルダム大聖堂の大火災。その原因として「電気短…
  5. ビットコインSV陣営を率いているクレイグ・ライト氏が、自身がビットコインの発明者「サトシ・ナカモト」…

おすすめ記事

  1. 2019-4-15

    仮想通貨業界で今年注目の4大ワードは?

    仮想通貨専門メディアのビットコインエクスチェンジガイドは最近、今年の仮想通貨の成長傾向を予測する4大…
  2. 2019-4-11

    実際のブラックホール写真が初公開…「我々の理論と予測が正しかった」

    世界で初めてブラックホールの存在とその姿が公開された。EHT(イベント・ホライズン・テレスコープ)理…
  3. 2019-4-9

    グーグルとアップルの覇権争いが勃発…5Gゲームコンテンツが収益源として浮上

    グーグルとアップルが5G常用化を前に、新たなゲーム・プラットフォーム開発を宣言した。グーグルとアップ…
  4. 2019-4-6

    スターバックス、真の目的はビットコイン銀行

    昨年8月、スターバックスがICEのBakkt(ビットコイン先物取引などを行うことができるプラットフォ…
  5. 2019-4-5

    没落した英雄…ゴーン会長が4度目の逮捕

    日本の検察は、保釈金を支払い先月6日に釈放されたカルロス・ゴーン前日産自動車会長を4日、特別背任容疑…

アーカイブ

ページ上部へ戻る