ドラマ「SKYキャッスル」のシンドローム…韓国社会問題が露わに

ドラマ「SKYキャッスル」のシンドローム…韓国社会問題が露わに

ドラマ『SKYキャッスル』の人気がとどまることを知らない。「SKYキャッスル・シンドローム」という言葉まで誕生している。

韓国ケーブルテレビのドラマでは歴代最高視聴を記録し、毎回放送後にはポータルサイトのリアルタイム検索語1位に浮上。台本流出騒動やこれに対する制作陣の警告、登場人物のモノマネや各種パロディを盛り込んだYouTube動画、「SKYキャッスル・シンドローム」というタイトルが付けられた多くの記事…

「SKYキャッスル・シンドロームは、変わらない現実に憤り絶望するほかない国民にささやかなファンタジーを与えたことに始まった」と分析する人もいる。

老若男女・職業・地域を問わず全ての韓国人にとって最も重要な話題は「教育」である。受験シーズンが終わればその年の難易度を分析する記事が必ず出るなど、受験生とその父兄だけではなく国全体が受験に翻弄される。学習塾で開催される大学入試関連の説明会には毎回人だかりができる。

名門大学への入学は子どもの運命だけでなく、その両親やひいては家庭の幸福までも決定する鍵を握っていると考えられている。父親が名門大学卒のエリートでありながら子供が名門大学に入学できなかった場合、母親が入試を疎かにしたせいだと批判されることもあるのだ。

大学入試や高校の定期試験で不正が行われると、ポータルサイトはさらに白熱する。過去にはチェ・スンシルの娘であるチョン・ユラの梨花女子大学不正入学が、朴槿恵元大統領の弾劾の契機になったと見る向きもある。また昨年に淑明女子高校で不正が起こった際は、事件が収束を迎えるまでポータルサイトは連日大騒ぎだった。

ドラマに登場する入試コーディネーターや高額の家庭教師に人々が関心を持つ理由は、上流層に有利な入試だと批判される「学生簿総合選考」の比重が過度に拡大したためと見られている。

しかし最近の就職難により、名門大学を卒業した者といえども就職は容易ではない。人手不足に喘ぐ中小企業は多いが、就活生たちは皆一様に大企業や公企業を好む。

企業に入社しても60歳定年が保障されるわけでもない。早期退職やリストラ等により50歳前後で退職する人も増えている。退職後に始めた事業で負債を抱え数年のうちに廃業するケースが多く、自営業の廃業率は史上最高値を更新したことも記憶に新しい。そのため40歳の会社員までもが、定年が保障されている公務員になろうとソウル・鷺梁津(ノリャンジン)の塾街に集まる。

ではドラマのように名門大学を卒業して医者などの専門職に就けば、一生幸せに暮らせるのだろうか。負債を負い自己破産を申請する職業別のランキングを見ると、医師・歯科医師・漢方医師が5位以内に入っている。

国連傘下の諮問機関である「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)」が、世界156カ国を対象に国民の幸福度を調べた’世界幸福度ランキング2018’によると、1位はフィンランド、韓国は57位であった。

フィンランドの学生たちは幼い頃から順位付けを受けたことがなく、「競争」よりも「協力」を重視し、他人と協力しながら自身の価値を高める教育をされるという。

脚本家は「ドラマを通して一家庭でも多くを救いたい」という思いから脚本を書いたという。

「SKYキャッスル・シンドローム」を契機に、競争から卒業し皆が共存できる韓国社会へと変化することを願う。

翻訳者:M.I

【注目の韓流ニュース】

BTS、グラミー賞のプレゼンターに
睡眠ドラック悪用疑惑のクラブ代表「V.Iは経営に関与していない」
BIGBANG事務所社長が謝罪「V.Iは麻薬をしてない…暴行問題のクラブは辞任」
パク・ユチョンが新アルバム発表…YouTubeで本格的に活動再開へ
ジェニー&カイが別れた?「チームとファンのため」=韓国メディア
ヒョンビン&ソン・イェジン 熱愛説浮上「一緒に米国旅行?」…事務所は否定

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国がイランと軍事的衝突などの物理的な対立ではなく、表に現れない、いわゆる「見えない戦争」を繰り広げ…
  2. 韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は25日、国会で開かれた外交統一委員会に出席し、徴用工判決問題と…
  3. 29日に訪韓するトランプ米大統領が同期間中に北朝鮮の金正恩国務委員長と会談する可能性が浮上しているな…
  4. ビットコインの価格が1万ドルを再突破したことで、仮想通貨市場に楽観論が急速に広がっている。…
  5. トランプ大統領の訪韓が確定されたことで、両首脳が南北の非武装地帯(DMZ)を視察する可能性も浮上して…

おすすめ記事

  1. 2019-6-21

    トランプ氏がイラン攻撃を承認?…米メディア「意見の分かれで命令撤回」

    トランプ米大統領が20日(現地時間)、イラン攻撃を指示したが、突然命令を撤回したことが分かった。米メ…
  2. 2019-6-19

    韓国外交部、「日韓企業からの拠出金で徴用工に被害補償」

    韓国外交部は19日、徴用工判決問題と関連し、日本と韓国の企業が参加する基金を造成し、徴用工の被害に補…
  3. 2019-6-15

    [ワールドレポート] メイ首相の涙とイギリスの先行き

    イギリスのテリーザ・メイ首相が今月7日、首相と与党党首から辞任した。2016年6月、国民投票でブレグ…
  4. 2019-6-13

    香港が米中摩擦の新たな火種になるか?

    香港が「犯罪人引き渡し法案」問題で大きく揺れ動いている。法案に反対する香港市民らが大規模デモを行い中…
  5. 2019-6-12

    日朝が平壌で「水面下の調整」…7月平壌で首脳会談か?

    安倍晋三総理の平壌訪問に向け、日本政府の次官級官僚が最近、北朝鮮を訪問した事が分かった。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る