米ナスダック、ビットコインとイーサリアム価格指数を追加

米ナスダック、ビットコインとイーサリアム価格指数を追加

■米ナスダック、ビットコインとイーサリアム価格指数を追加
米国株式市場ナスダックにビットコインとイーサリアムの価格指数が追加される。ナスダック側は2月25日からビットコイン価格指数(BLX)とイーサリアム価格指数(ELX)をリアルタイムサービスすると発表した。発表によると、両指数は国際証券委員会(IOSCO)の原則に沿った独自の検証方法で算出されるという。

■三菱UFJ、ブロックチェーン支払いネットワークを準備中
日本最大の銀行である三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が2020年にブロックチェーン基盤の支払いネットワークを披露する予定だとコインデスクが13日に伝えた。MUFGは、米国のピンテック企業アカマイ・テクノロジーズと合弁会社を設立し、2020年上半期まで毎秒100万件以上のトランザクション処理が可能なグローバル決済プラットフォームを開発する予定だ。合弁会社の株式は、MUFGが80%、アカマイが20%を保有する。

■ラジオ電波を利用したビットコイン伝送実験が成功
ラジオ電波だけでビットコインを長距離伝送する実験が成功した。仮想通貨ハードウェア企業コインカイトの創設者ロドルフォ・ノバック氏は、カナダ・トロントから米国・ミシガン州まで約400kmの距離をラジオ通信に使う無線周波数を利用してビットコインを転送する実験を行った。実現に成功したノバック氏は、「政府の干渉やインターネット制御脅威から逃れ、自由で独立的な方法で仮想通貨を転送することが出来るというのが今回の実現の意義」と述べた。

【ビットコインの市況】
ビットコインが2月18日から上昇開始?!…1万ドルまで
イーサリアム基盤のDApp、93%が使用率「0」
BTCが急上昇、3600ドル台回復…ビットコインETF承認への期待感
ビットコイン、3400ドル割り…BNBも5%以上の反落
BTCが一時3400ドル割り…BNBは急上昇 時価総額10位に浮上
バイナンスコインが急上昇…独自のICO成功に人気急騰

関連記事

ピックアップ記事

  1. インドネシアのスマトラ島のアチェ特別自治州で、不倫などの疑いで公開むち打ち刑を受けた男性と女性が刑…
  2. 2019年に最も大幅の上昇を見せた仮想通貨はバイナンスコイン(BNB)であることが分かった。8日(現…
  3. 韓国政府は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のような仮想通貨の取引収入に対する課税案作…
  4. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  5. 写真はBTSのオフィシャルSNSから BTS(防弾少年団)が披露する新しい複合体験空間「BT…

おすすめ記事

  1. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  2. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  3. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  4. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  5. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
ページ上部へ戻る