イーサリアム基盤のDApp、93%が使用率「0」

イーサリアム基盤のDApp、93%が使用率「0」
最近、脱集中化ブロックチェーン・アプリケーションDapp(分散型アプリケーション)が注目を集めているが、活用の面ではまだ道のりは遠いことがわかった。11日(現地時間)、ビットコイニストによると、開発者が最も多いイーサリアム基盤のDapp1375個を調査した結果、86%はユーザの利用がなく、93%は使用率が全くないことが分かった。

また使用率が高い上位トップ10のうち7件がゲームやギャンブル関連のアプリで、残りの3件は取引所関連アプリであることが確認された。イーサリアム基盤だけでなく、プラットフォーム全体でも77%のDappがユーザーの利用が非常に低く、使用率「0」のDappも85%に達するなど、全般的にDappの利用率が低迷していることが分かった。

■米FDA、医薬品管理にブロックチェーン導入提案
米国食品医薬品局(FDA)委員長が医薬品供給ネットワークの構築モデル事業にブロックチェーンの技術を活用することを提案した。コインテレグラフが11日(現地時間)報道した。スコット・ゴトゥルリプFDA委員長は「透明な医薬品供給ネットワーク管理システムの構築にブロックチェーンの技術が大きな役割を果たすことができる」と新技術の活用を促した。FDAが推進している医薬品供給ネットワークの構築モデル事業は、これまでIBMなどの大企業が独占していた医薬品の供給ネットワークから抜け出すための新たな試み。3月11日までに申請を受けた後、審査に入る予定だ。

■露・モスクワ、ブロックチェーン革新都市に生まれ変わる
ロシアのモスクワ市がブロックチェーン革新団地を創る予定だ。モスクワ市は、ブロックチェーン関連のベンチャー企業、創業支援センター、産学連携、R&D組織を網羅する大規模なブロックチェーン革新団地を創り育成していくとの計画を発表した。同団地に入居する企業は、モスクワ市から物的、経済的支援を受けることができる。関連法案と予算も承認済みで、今年の夏に開始する予定だ。

【ビットコインの市況】

ビットコインが2月18日から上昇開始?!…1万ドルまで

BTCが急上昇、3600ドル台回復…ビットコインETF承認への期待感

ビットコイン、3400ドル割り…BNBも5%以上の反落

BTCが一時3400ドル割り…BNBは急上昇 時価総額10位に浮上

バイナンスコインが急上昇…独自のICO成功に人気急騰

トロンが反落…「BTCが大きな価額変動の可能性」

トロン、1ヵ月間の上昇率は100%超

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国で新型コロナウイルス感染症(コロナ19)が急増している中、米疾病対策センター(CDC)が韓国への…
  2. 新型コロナウイルスの感染拡大により中国国内にある工場の正常稼働が遅れ、経営への影響が憂慮される。新型…
  3. 韓国外交部の康京和長官がドイツで開かれるミュンヘン安全保障会議(MSC)に参席し、現地時間15日午前…
  4. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  5. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…

おすすめ記事

  1. 世界的に7万人に近い感染拡大を招いた新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の震源地について、当初知ら…
  2. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  3. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  4. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  5. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
ページ上部へ戻る
Translate »