イーサリアム基盤のDApp、93%が使用率「0」

イーサリアム基盤のDApp、93%が使用率「0」
最近、脱集中化ブロックチェーン・アプリケーションDapp(分散型アプリケーション)が注目を集めているが、活用の面ではまだ道のりは遠いことがわかった。11日(現地時間)、ビットコイニストによると、開発者が最も多いイーサリアム基盤のDapp1375個を調査した結果、86%はユーザの利用がなく、93%は使用率が全くないことが分かった。

また使用率が高い上位トップ10のうち7件がゲームやギャンブル関連のアプリで、残りの3件は取引所関連アプリであることが確認された。イーサリアム基盤だけでなく、プラットフォーム全体でも77%のDappがユーザーの利用が非常に低く、使用率「0」のDappも85%に達するなど、全般的にDappの利用率が低迷していることが分かった。

■米FDA、医薬品管理にブロックチェーン導入提案
米国食品医薬品局(FDA)委員長が医薬品供給ネットワークの構築モデル事業にブロックチェーンの技術を活用することを提案した。コインテレグラフが11日(現地時間)報道した。スコット・ゴトゥルリプFDA委員長は「透明な医薬品供給ネットワーク管理システムの構築にブロックチェーンの技術が大きな役割を果たすことができる」と新技術の活用を促した。FDAが推進している医薬品供給ネットワークの構築モデル事業は、これまでIBMなどの大企業が独占していた医薬品の供給ネットワークから抜け出すための新たな試み。3月11日までに申請を受けた後、審査に入る予定だ。

■露・モスクワ、ブロックチェーン革新都市に生まれ変わる
ロシアのモスクワ市がブロックチェーン革新団地を創る予定だ。モスクワ市は、ブロックチェーン関連のベンチャー企業、創業支援センター、産学連携、R&D組織を網羅する大規模なブロックチェーン革新団地を創り育成していくとの計画を発表した。同団地に入居する企業は、モスクワ市から物的、経済的支援を受けることができる。関連法案と予算も承認済みで、今年の夏に開始する予定だ。

【ビットコインの市況】

ビットコインが2月18日から上昇開始?!…1万ドルまで

BTCが急上昇、3600ドル台回復…ビットコインETF承認への期待感

ビットコイン、3400ドル割り…BNBも5%以上の反落

BTCが一時3400ドル割り…BNBは急上昇 時価総額10位に浮上

バイナンスコインが急上昇…独自のICO成功に人気急騰

トロンが反落…「BTCが大きな価額変動の可能性」

トロン、1ヵ月間の上昇率は100%超

関連記事

ピックアップ記事

  1. 1万3000ドルまで上昇したビットコインがここ一週間の間に約26%下落し9000ドル台にとどまってい…
  2. パウエル議長がまたも利下げ示唆…「適切に行動していく」 パウエル連邦準備制度理事会(FRB)…
  3. “リブラ衝撃”にBTCが急落…一部では6000ドルまで後退も予想 Facebookの独自仮想…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領は16日、北朝鮮問題について「制裁は引き続き維持されている」と、急ぐ事…
  5. 台風5号「ダナス」発生…日本への影響は? 台風5号「ダナス」がフィリピンの東海上で発生した。…

おすすめ記事

  1. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  2. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  3. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  4. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  5. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
ページ上部へ戻る