イーサリアム基盤のDApp、93%が使用率「0」

イーサリアム基盤のDApp、93%が使用率「0」
最近、脱集中化ブロックチェーン・アプリケーションDapp(分散型アプリケーション)が注目を集めているが、活用の面ではまだ道のりは遠いことがわかった。11日(現地時間)、ビットコイニストによると、開発者が最も多いイーサリアム基盤のDapp1375個を調査した結果、86%はユーザの利用がなく、93%は使用率が全くないことが分かった。

また使用率が高い上位トップ10のうち7件がゲームやギャンブル関連のアプリで、残りの3件は取引所関連アプリであることが確認された。イーサリアム基盤だけでなく、プラットフォーム全体でも77%のDappがユーザーの利用が非常に低く、使用率「0」のDappも85%に達するなど、全般的にDappの利用率が低迷していることが分かった。

■米FDA、医薬品管理にブロックチェーン導入提案
米国食品医薬品局(FDA)委員長が医薬品供給ネットワークの構築モデル事業にブロックチェーンの技術を活用することを提案した。コインテレグラフが11日(現地時間)報道した。スコット・ゴトゥルリプFDA委員長は「透明な医薬品供給ネットワーク管理システムの構築にブロックチェーンの技術が大きな役割を果たすことができる」と新技術の活用を促した。FDAが推進している医薬品供給ネットワークの構築モデル事業は、これまでIBMなどの大企業が独占していた医薬品の供給ネットワークから抜け出すための新たな試み。3月11日までに申請を受けた後、審査に入る予定だ。

■露・モスクワ、ブロックチェーン革新都市に生まれ変わる
ロシアのモスクワ市がブロックチェーン革新団地を創る予定だ。モスクワ市は、ブロックチェーン関連のベンチャー企業、創業支援センター、産学連携、R&D組織を網羅する大規模なブロックチェーン革新団地を創り育成していくとの計画を発表した。同団地に入居する企業は、モスクワ市から物的、経済的支援を受けることができる。関連法案と予算も承認済みで、今年の夏に開始する予定だ。

【ビットコインの市況】

ビットコインが2月18日から上昇開始?!…1万ドルまで

BTCが急上昇、3600ドル台回復…ビットコインETF承認への期待感

ビットコイン、3400ドル割り…BNBも5%以上の反落

BTCが一時3400ドル割り…BNBは急上昇 時価総額10位に浮上

バイナンスコインが急上昇…独自のICO成功に人気急騰

トロンが反落…「BTCが大きな価額変動の可能性」

トロン、1ヵ月間の上昇率は100%超

関連記事

ピックアップ記事

  1. 写真はバイデン候補のツイッタから 米国大統領選挙が2週後に迫った状況で、民主党のジョー・バイデン候…
  2. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  3. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  4. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  5. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »