BTCが急上昇、3600ドル台回復…ビットコインETF承認への期待感

BTCが急上昇、3600ドル台回復…ビットコインETF承認可能性への期待感

ビットコインの価額が急上昇し3600ドル台を回復した。3400ドル台を割り込んでからわずか1日で10%近く反発し、その理由について注目が集まっている。

コインマーケットキャップによると、ビットコインの価額は9日午後12時点で過去24時間比7.64%高の3658ドル前後で推移している。

ビットコインの急激な動きに他のコインも上げ幅を拡大し、時価総額10位圏の殆どのコインが5~30%以上の上昇率を記録中だ。特にライトコイン(LTC)は31%以上上昇し、43ドル前後で取引されている。

ビットコインが急上昇の動きを見せている理由について海外メディアなどは、ビットコインETFの承認への期待感が高まったことを挙げている。実際に米国証券取引委員会(SEC)のロバート・ジャクソン常任委員は、最近行った米議会専門誌CQとのインタビューで、「SECは結局、ビットコインETF上場申請を承認するだろう」とし「問題は承認の時点がいつになるかだ」と明らかにした。専門家らは、こういう期待感から市場のモメンタムが大きく回復していると分析した。

しかし、ビットコインが大きな好材料もなく上昇することを指摘しつつ、「デッド・キャット・バウンス(下げ相場の中での一時的な反発)」を警戒する意見も出ている。

専門家らは「まだ強力な支持線とされた4000ドル台を回復していない。安定的に4000ドルを回復した後が重要で、これまでの弱気相場から強気相場に転じることが可能」と予想している。

【ビットコインの市況】

ビットコイン、3400ドル割り…BNBも5%以上の反落

BTCが一時3400ドル割り…BNBは急上昇 時価総額10位に浮上
バイナンスコインが急上昇…独自のICO成功に人気急騰
トロンが反落…「BTCが大きな価額変動の可能性」
トロン、1ヵ月間の上昇率は100%超
ビットコイン、1%安の3470ドル…弱気相場が1年以上続く?

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米韓合同軍事演習が20日に終了する予定で、米朝実務交渉再開への期待感も高まっている。…
  2. 韓国上場企業の純利益が大幅に減少したことがわかった。しかし、サムスン電子やSKハイニックスを除けば、…
  3. 香港の「逃亡犯条例」に反対するデモ隊が18日、大規模集会を開き香港政府に対して強く抗議する中、中国人…
  4. 昨年6月に第2次世界大戦以降初めて、西ヨーロッパ最初の大衆迎合主義(ポピュリズム) 政府がイタリアに…
  5. ビットコインの創設者として知られている「サトシ・ナカモト」を名乗る人物がまたも登場した。その人物は日…

おすすめ記事

  1. 韓国国民の4人に3人は、日本が経済報復措置を撤回しない限り日本製品の不買運動は続くと予想した。…
  2. 日本製品の不買運動の影響でユニクロなど日本ブランドの韓国モバイルアプリケーション(アプリ)の利用率が…
  3. 日本が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画だとする…
  4. 7月に韓国国内で販売された日本車の規模が1年前に比べて17.2%も減少したことが分かった。日本政府の…
  5. まるでドラマの様だった6.30米韓朝首脳の板門店会合から1ヶ月が過ぎた。板門店会合をドラマと表現した…
ページ上部へ戻る