揺れている韓国輸出、内需主導の成長戦略が必要か

揺れている韓国輸出、内需主導の成長戦略が必要か

韓国の輸出が揺れている。産業通商資源部によると、1月の輸出額は前年同期比で5.8%減少した。昨年12月(-1.2%)から2カ月連続だ。中国の成長率低下、そして半導体の不調がその要因と指摘されている。

先月、対中国輸出は前年同期比で19%減少した。中国経済が落ち込んでいるためである。中国は米国との貿易戦争の余波で成長率が低下し輸入需要も急減している。また中国では韓国産の部品を輸入・組立して米国に輸出するのだが、米国がかけている高額な関税により韓国の対中輸出も影響を受けているのだ。半導体についても同様で、先月には輸出額が23%も減少した。好況が終わりを迎え、単価下落と在庫調整が重なったためと見られている。

中国、そして半導体は韓国の輸出を支える両翼だ。昨年の輸出全体のうち中国の占める割合は26.8%、一方の半導体は21%であった。特定の国家や品目に対して過度に依存する偏重構造を根源的に見直さない限り、輸出において持続的成長を期待することは難しい。代案として挙げられるのは、アセアン諸国とインド市場進出の拡大である。新南方政策の強力な推進が必須だ。新産業に対する画期的な規制緩和で、生き残りをかけた道を模索するしかない。

しかし根本に横たわるのは、高い輸出依存度だ。昨年第四四半期の成長率は1%(直前四半期比)回復したが、輸出の経済成長寄与率(-1.2%pt)はマイナスを免れなかった。輸出の縮小は世界的な趨勢だ。昨年12月には中国(-4.5%)・日本(-3.2%)・台湾(-3%)・シンガポール(-4.1%)等でも輸出が減少した。保護貿易への回帰による結果とみられる。

輸出はすぐに回復しそうにない。保護貿易主義の風潮も今後さらに勢力を増すものと予想される。

経済規模が大きくなった今、輸出だけで成長し続けることは困難だ。投資と消費を育て原動力とする、内需主導の成長戦略が必要となる。

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国観光公社は日本の大型連休「ゴールデンウィーク(GW)」を前に、25日から来韓日本人観光客を対象と…
  2. 今月2日、ビットコインの価格が一気に約7万円を超える上昇を見せ、昨年11月以降初めて、5000ドル台…
  3. GoogleとAppleが第5世代移動通信システム(5G)の商用化を控え、新しいゲームプラットフォー…
  4. 19日、世論調査会社「韓国ギャラップ」によると、文大統領が「よくやっている」とする肯定的な評価は、先…
  5. 北朝鮮の外務官僚が朝鮮中央通信を通じてマイク・ポンペオ米国務長官を非難し、降板を要求した事について、…

おすすめ記事

  1. 2019-4-15

    仮想通貨業界で今年注目の4大ワードは?

    仮想通貨専門メディアのビットコインエクスチェンジガイドは最近、今年の仮想通貨の成長傾向を予測する4大…
  2. 2019-4-11

    実際のブラックホール写真が初公開…「我々の理論と予測が正しかった」

    世界で初めてブラックホールの存在とその姿が公開された。EHT(イベント・ホライズン・テレスコープ)理…
  3. 2019-4-9

    グーグルとアップルの覇権争いが勃発…5Gゲームコンテンツが収益源として浮上

    グーグルとアップルが5G常用化を前に、新たなゲーム・プラットフォーム開発を宣言した。グーグルとアップ…
  4. 2019-4-6

    スターバックス、真の目的はビットコイン銀行

    昨年8月、スターバックスがICEのBakkt(ビットコイン先物取引などを行うことができるプラットフォ…
  5. 2019-4-5

    没落した英雄…ゴーン会長が4度目の逮捕

    日本の検察は、保釈金を支払い先月6日に釈放されたカルロス・ゴーン前日産自動車会長を4日、特別背任容疑…

アーカイブ

ページ上部へ戻る