揺れている韓国輸出、内需主導の成長戦略が必要か

揺れている韓国輸出、内需主導の成長戦略が必要か

韓国の輸出が揺れている。産業通商資源部によると、1月の輸出額は前年同期比で5.8%減少した。昨年12月(-1.2%)から2カ月連続だ。中国の成長率低下、そして半導体の不調がその要因と指摘されている。

先月、対中国輸出は前年同期比で19%減少した。中国経済が落ち込んでいるためである。中国は米国との貿易戦争の余波で成長率が低下し輸入需要も急減している。また中国では韓国産の部品を輸入・組立して米国に輸出するのだが、米国がかけている高額な関税により韓国の対中輸出も影響を受けているのだ。半導体についても同様で、先月には輸出額が23%も減少した。好況が終わりを迎え、単価下落と在庫調整が重なったためと見られている。

中国、そして半導体は韓国の輸出を支える両翼だ。昨年の輸出全体のうち中国の占める割合は26.8%、一方の半導体は21%であった。特定の国家や品目に対して過度に依存する偏重構造を根源的に見直さない限り、輸出において持続的成長を期待することは難しい。代案として挙げられるのは、アセアン諸国とインド市場進出の拡大である。新南方政策の強力な推進が必須だ。新産業に対する画期的な規制緩和で、生き残りをかけた道を模索するしかない。

しかし根本に横たわるのは、高い輸出依存度だ。昨年第四四半期の成長率は1%(直前四半期比)回復したが、輸出の経済成長寄与率(-1.2%pt)はマイナスを免れなかった。輸出の縮小は世界的な趨勢だ。昨年12月には中国(-4.5%)・日本(-3.2%)・台湾(-3%)・シンガポール(-4.1%)等でも輸出が減少した。保護貿易への回帰による結果とみられる。

輸出はすぐに回復しそうにない。保護貿易主義の風潮も今後さらに勢力を増すものと予想される。

経済規模が大きくなった今、輸出だけで成長し続けることは困難だ。投資と消費を育て原動力とする、内需主導の成長戦略が必要となる。

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…
  2. ‐2018年1月以来の1万5000ドル超え‐コロナ禍に米大統領選の不確実性加わり‐大統領選不服によ…
  3. 写真はトランプ氏のツイッタ 大統領選主要地域での勝利、不正開票などを主張したドナルド・トランプ米国…
  4. ティーウェイ航空は日韓線の再開を記念し、成田、関西発着の仁川線で「Tway FREE wayキャンペ…
  5. グローバル決済大手「ペイパル」が来年、グローバル市場を対象に仮想資産サービスを開始する一方、現在1…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »