20〜30代「株式よりも仮想通貨市場を信頼」

■20〜30代「株式よりも仮想通貨市場を信頼」
ミレニアル世代と呼ばれる20〜30代の投資家は、従来の株式市場よりも仮想通貨市場を信頼していることが分かった。仮想通貨取引プラットフォーム「イートロ(eToro)」が19日(現地時間)に公開したアンケート調査によると、20〜30代の投資家の43%が米株式市場よりも仮想通貨取引所を信頼すると答えた。その一方、40〜50代の投資家の77%が株式市場をより信頼すると答えた。このような傾向について海外メディアは、2008年の世界金融危機を経験したミレニアル世代が伝統金融市場と政府の役割に対する信頼が弱いためだと分析した。

■ビットメイン、昨年第3四半期まで5億ドルの損失推定
世界最大の仮想通貨マイニング企業ビットメインが昨年第3四半期まで約5億ドルほどの損失を記録したと仮想通貨専門メディアCCNが19日に報道した。香港取引所に提出されたビットメインの財務報告書によると、ビットメインは昨年第1四半期から第3四半期まで合計30億ドルの売上高を記録したが、第3四半期の売上高低調と大幅の赤字を記録し、純損失は5億ドルに至ったという。しかし、ビットメインは同報道について「事実無根」とし、早いうちに明確な企業情報を公開すると明らかにした。

■イーサリアム創業者ヴィタリック氏、投資の内訳を公開
イーサリアムの創業者であるヴィタリク・ブテリン氏が自身の仮想通貨投資の内訳を一部公開した。ヴィタリック氏はイーサリアムに資産の大部分を投資しており、ビットコインとビットコインキャッシュなどへ投資には10%程度にとどまったことが分かった。またスタークウェアなどのブロックチェーン関連企業の株式も保有していると明らかにした。2月末に予定されているイーサリアムのハードフォークについては「順調に進んでいる」と述べた。

【ビットコインの市況】
上昇続く仮想通貨、BTCが4000ドル目前…上昇の背景は?
フェイスブック、ブロックチェーン人材拡充…市場進出に繋がる?
ビットコイン、3700ドル突破…ETHは130ドル回復
イーサリアム創業者「ハードフォークには問題ない」
JPモルガン、独自の仮想通貨発行へ
米ナスダック、ビットコインとイーサリアム価格指数を追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米韓合同軍事演習が20日に終了する予定で、米朝実務交渉再開への期待感も高まっている。…
  2. 韓国上場企業の純利益が大幅に減少したことがわかった。しかし、サムスン電子やSKハイニックスを除けば、…
  3. 香港の「逃亡犯条例」に反対するデモ隊が18日、大規模集会を開き香港政府に対して強く抗議する中、中国人…
  4. 昨年6月に第2次世界大戦以降初めて、西ヨーロッパ最初の大衆迎合主義(ポピュリズム) 政府がイタリアに…
  5. ビットコインの創設者として知られている「サトシ・ナカモト」を名乗る人物がまたも登場した。その人物は日…

おすすめ記事

  1. 韓国国民の4人に3人は、日本が経済報復措置を撤回しない限り日本製品の不買運動は続くと予想した。…
  2. 日本製品の不買運動の影響でユニクロなど日本ブランドの韓国モバイルアプリケーション(アプリ)の利用率が…
  3. 日本が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画だとする…
  4. 7月に韓国国内で販売された日本車の規模が1年前に比べて17.2%も減少したことが分かった。日本政府の…
  5. まるでドラマの様だった6.30米韓朝首脳の板門店会合から1ヶ月が過ぎた。板門店会合をドラマと表現した…
ページ上部へ戻る