20〜30代「株式よりも仮想通貨市場を信頼」

■20〜30代「株式よりも仮想通貨市場を信頼」
ミレニアル世代と呼ばれる20〜30代の投資家は、従来の株式市場よりも仮想通貨市場を信頼していることが分かった。仮想通貨取引プラットフォーム「イートロ(eToro)」が19日(現地時間)に公開したアンケート調査によると、20〜30代の投資家の43%が米株式市場よりも仮想通貨取引所を信頼すると答えた。その一方、40〜50代の投資家の77%が株式市場をより信頼すると答えた。このような傾向について海外メディアは、2008年の世界金融危機を経験したミレニアル世代が伝統金融市場と政府の役割に対する信頼が弱いためだと分析した。

■ビットメイン、昨年第3四半期まで5億ドルの損失推定
世界最大の仮想通貨マイニング企業ビットメインが昨年第3四半期まで約5億ドルほどの損失を記録したと仮想通貨専門メディアCCNが19日に報道した。香港取引所に提出されたビットメインの財務報告書によると、ビットメインは昨年第1四半期から第3四半期まで合計30億ドルの売上高を記録したが、第3四半期の売上高低調と大幅の赤字を記録し、純損失は5億ドルに至ったという。しかし、ビットメインは同報道について「事実無根」とし、早いうちに明確な企業情報を公開すると明らかにした。

■イーサリアム創業者ヴィタリック氏、投資の内訳を公開
イーサリアムの創業者であるヴィタリク・ブテリン氏が自身の仮想通貨投資の内訳を一部公開した。ヴィタリック氏はイーサリアムに資産の大部分を投資しており、ビットコインとビットコインキャッシュなどへ投資には10%程度にとどまったことが分かった。またスタークウェアなどのブロックチェーン関連企業の株式も保有していると明らかにした。2月末に予定されているイーサリアムのハードフォークについては「順調に進んでいる」と述べた。

【ビットコインの市況】
上昇続く仮想通貨、BTCが4000ドル目前…上昇の背景は?
フェイスブック、ブロックチェーン人材拡充…市場進出に繋がる?
ビットコイン、3700ドル突破…ETHは130ドル回復
イーサリアム創業者「ハードフォークには問題ない」
JPモルガン、独自の仮想通貨発行へ
米ナスダック、ビットコインとイーサリアム価格指数を追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. - コロナ渦の中でも輸出の道を積極開拓- 現地大型流通網、SNS品評会、ユーチューバーを活用した輸…
  2. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  3. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  4. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  5. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »