ノートルダム大聖堂、火災の原因…「電気短絡」の可能性

写真はユーチューブ映像やツイッターから

ノートルダム大聖堂、火災の原因…「電気短絡」の可能性

今月15日(現地時間)に発生した、フランス・パリのノートルダム大聖堂の大火災。その原因として「電気短絡」の可能性が挙げられている。

海外メディアによると、フランス当局は、尖塔補修工事のために大聖堂の屋根側に設置した足場の電気回路に過負荷がかかれ、そこから出火したとみて調査を進めている。当局の関係者は「現時点では、すべての可能性について調査している」としつつも、電気短絡による出火の可能性も否定しなかった。

最も疑わしい部分は足場の簡易エレベーター。当局は40人以上の調査官を投入し、エレベーターに電気を供給する装置に異常がなかったのかを集中的に調査する方針だ。しかし火災の原因調査を担当したパリ検察庁は、安全上の理由から、大聖堂の内部に進入して調査していないことが分かった。検察庁は、安全が確保され次第、精密調査に乗り出す方針だ。

一方、現在までにノートルダム大聖堂の再建のために募金された金額は9億400万ドルと集計されている。

ノートルダム大聖堂、火災の原因は…「放火の痕跡はない」
仏ノートルダム大聖堂火災…工事中の失火か
マクロン仏大統領「ノートルダム、最悪は避けた」…再建への意志

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
  2. 米国内でマリファナ(大麻)を吸う人がタバコ喫煙者より多くなったという結果が発表された。 米国の放送C…
  3. F.ableが特別なライブ公演を企画した。 F.ableの所属事務所は最近「F.able3rdSin…
  4. 駐神戸大韓民国総領事館は、「2022神戸K-POPソング&ダンスコンテスト」を開催します。 K-Po…
  5. 製紙や化粧品などを流通する「SUNOCS(サンオクス、代表:太川玉緒)」は、6月9日〜10日にインテ…
ページ上部へ戻る
Translate »