米資産家たちが大統領候補に提案「私たちに富裕税を」

米資産家たちが大統領候補に提案「私たちに富裕税を」

2020年の米大統領選挙の主要な課題として富裕税が浮上している中、米国の億万長者たちが「私たちに富裕税を課せよ」と提案し話題を集めている。

海外メディアによると、ジョージ・ソロスやフェイスブック(Facebook)の共同創設者クリス・ヒューズなど、米国の資産家19人は最近、来年の大統領選挙に出馬を宣言した候補者らに公開書簡を送り、「米国で最も裕福な0.1 %である私たちに適切な富裕税を課すように」と要求した。

彼らは書簡で「米国は私たちの財産に、より多くの税金を課す道徳的、倫理的、経済的責任がある」とし「富裕税は、気候変動の危機を解決し、経済の改善や公衆衛生に貢献するだけでなく、公平な機会の創出と、私たちの民主的自由を強化するのに役立つ」と強調した。

彼らは今回の公開書簡は特定の候補を支持するためではないと述べているが、書簡には民主党の大統領候補の一人であるエリザベス・ウォーレン上院議員が提案した富裕税公約について言及している。

ウォーレン議員は5000万ドルを超える資産を持つ高所得層に年2%、10億ドル以上の超高所得層に年3%の富裕税を課す公約を掲げている。富裕税が導入された場合、今後10年間で約3兆ドルの追加資金を調達することができると推定される。公開書簡には「ウォーレン議員の提案は数百万人の家庭がアメリカンドリームを夢見ることができようにしている」と記されていた。

富裕税導入は、2020年の大統領選挙の主要議題になる見通しだ。民主党の有力大統領候補であるバーニー・サンダース上院議員も富裕税の導入を主張している。

一方、今年2月に米議会誌ヒルと調査会社ハリスXが行った世論調査によると、米国の有権者の74%が富裕税の導入に同意しており、共和党支持者の65%も賛成していることが分かった。

トランプ大統領も1999年に国の負債を減らすために、1回限りの富裕税を提案したことがあるが、大統領に当選されてからはこれについて言及したことはない。

全米経済研究所(NBER)が最近発刊した論文によると、米国で超高所得層と分類される人口は全体人口で0.1%に過ぎないが、財産規模では米全体所得の5分の1を占めていることが分かった。また、米国内国歳入庁(IRS)によると、高所得層は昨年27.4%に達する最も高い所得税率を適用されているが、上位0.01%の平均税率はそれより低い税金を納めている。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…
  2. 新型コロナウイルスの発生を最初に告発したものの、逆に中国政府の弾圧を受ける事になってしまった李文亮医…
  3. ビットコインは強力的な抵抗線である1万ドルを突破した。ビットコインが1万ドル台に進入したのは昨年11…
  4. 「ウクライナ・スキャンダル」から始まったドナルド・トランプ米国大統領に対する弾劾案が現地時間5日、米…
  5. 非核化に関する北朝鮮の新たな動きや姿勢の変化が無ければ、現在の米朝関係の冷え込みは暫くの間、続くとみ…

おすすめ記事

  1. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  2. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  3. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  4. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  5. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
ページ上部へ戻る
Translate »