パク・ボゴム、デマ拡散に「虚偽内容の流布者には強力な法的対応とる」

パク・ボゴム、ソン・ヘギョ離婚関連デマに「虚偽内容の流布者には強力な法的対応とる」

俳優パク・ボゴム(26)がソン・ジュンギ(34)とソン・ヘギョ(38)の離婚に関する虚偽の噂に対し、法的に対応することを明らかにした。

27日、パク・ボゴムの所属事務所ブロッサムエンターテイメントの関係者は、「パク・ボゴムがソン・ジュンギとソン・ヘギョの離婚に責任があるという噂は全く事実ではない」とし「ソン・ヘギョとドラマ『ボーイフレンド』で共演しただけで、パク・ボゴムの名前が取り上げられているようだが、事実無根だ」と否定した。

パク・ボゴム側は「虚偽内容の流布がリアルタイムで広がっているため、強力な法的対応をするつもりだ」と強調した。

この日ソン・ジュンギの法律代理人である法務法人「広場」のバク・ジェヒョン弁護士は「26日、ソン・ジュンギを代理して、ソウル家庭裁判所に離婚調停の申立書を提出した」と発表した。

その後、ソン・ヘギョの所属事務所UAAコリアも「先にこのようなことで挨拶をすることになり、申し訳ない」とし「ソン・ヘギョは夫と慎重に考えた末、離婚の手続きを踏むことにした。離婚の理由は性格の違いであり、克服できず、やむを得ずにこのような決定を下すことになった」とした。

ソン・ジュンギとソン・ヘギョの離婚に関するニュースが伝わると、オンラインとSNSなどには虚偽の噂が急速に広がっている。

一方、二人は離婚後、それぞれの活動に専念する見込み。ソン・ジュンギは現在放送中のtvN週末ドラマ「アスダル年代記」に出演している。次期作として映画「勝利号」(監督チョ・ソンヒ)を確定し、来月から撮影に入る予定だ。

ソン・ヘギョは下半期放送予定のKBS 2TV新ドラマ「ハイエナ」でチュ・ジフン(37)と共演する予定だったが、離婚の負担のせいか出演を辞退したと伝えられている。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  2. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  3. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  4. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
  5. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
ページ上部へ戻る
Translate »