iPhoneのデザイナーがAppleを退社

iPhoneのデザイナーがAppleを退社

iPhoneをはじめAppleの主要ヒット商品をデザインした、最高デザイン責任者ジョナサン・アイブ氏。彼はフィナンシャルタイムズ(FT)とのインタビューを通し、年内にもAppleを退社する意向を明らかにした。

変化が必要な時期を迎え会社を去ることになったと語るアイブ氏だが、Appleの社員でなくなった後も、引き続きAppleからの仕事は請け負うという。

今後は自身のデザイン会社「LoveFrom」を立ち上げ、主にウェアラブル端末や医療機器などのデザインを手掛ける計画。Apple同様、米カリフォルニア州に本社を構える予定だ。

アイブ氏は日用品のデザインからキャリアをスタートさせ、歴史上で最も多くの収益を上げた製品をデザインしたという功績を残した。1996年にデザインスタジオの責任者に就任した彼は、破産寸前の危機に瀕したAppleの立て直しに大きく貢献。スティーブ・ジョブズ共同設立者との二人三脚で、iPodやiPhone、Mac book AIR、iPad、Apple Watchなどヒット商品のデザインを手掛け、Appleを世界時価総額ランキング上位企業へと押し上げた。

2011年にジョブス氏が逝去し、アイブが最高経営責任者(CEO)になるのではと推測されていたが、2015年からは最高デザイン責任者を務めてきた。彼がデザインしたApple製品は、ライバル社たちにとってデザインにおける新たな指標となった。最近では、まるで宇宙船をイメージしたようなApple新社屋の設計にも参加している。膨大な受賞歴を誇るアイブ氏だが、保有する特許の数はなんと5000を超えているという。アイブ氏は2012年、母国である英国の王室から「ナイト」の爵位を授与された。彼の後任まだ決定していない。

FTは、今回の発表は株主と消費者にとっては相当の衝撃だと報じた。iPhone依存から脱却し、サービスの幅をさらに拡大したいAppleにとって、アイブ氏は大事な資産だ。Appleは今年4月に元小売責任者のアンジェラ・アーレンツ氏が退社、さらに米中貿易摩擦の影響によりiPhoneの販売数が減少するなど、苦しい上半期を送っている。

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国の巨大IT4社の時価総額が6日(現地時間)、1兆ドルに再進入した。 同日、グーグル親企業のアル…
  2. 「毎瞬間、改革しなければならない」失われた20年という「死の谷間(デスバレー)」を乗り越えた日本企業…
  3. 新型コロナウイリスの感染拡散の憂慮などで主要国の経済活動の回復が遅れる可能性が高まっている。…
  4. 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は22日、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第…
  5. トランプ米大統領は3ヵ月ぶりに開催した支持者集会が興行に失敗すると、激怒した。 21日(現地時間)…

おすすめ記事

  1. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
  2. WHO(世界保健機構)が新型コロナウイルスの感染拡大はまだ進行中であり、来週には全世界の患者数が10…
  3. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  4. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  5. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
ページ上部へ戻る
Translate »