金正恩氏、ミサイル発射に「南朝鮮軍部の好戦勢力への警告」

金正恩氏、ミサイル発射に「南朝鮮軍部の好戦勢力への警告」

‐韓国の新型武器導入と米韓軍事演習を非難
‐今回の挑発について「安全保障に必須」
‐文大統領を「南朝鮮当局者」と言及し猛非難
‐「平和の握手を交わし武器導入…おかしな真似を」

北朝鮮が25日、弾道ミサイルと推定されるミサイルを発射して挑発行為を行った中、北朝鮮の朝鮮中央通信は26日、発射に至った背景を「南朝鮮軍部の好戦勢力に警告を送るための武力示威の一環」だと伝えた。また金正恩北朝鮮国務委員長が直接これを指導した事を明らかにした。

同通信はこの日、金委員長が「度重なる警告にも関わらず先端攻撃型武器を搬入し、軍事演習強行に熱を上げている南朝鮮軍部の好戦勢力に警告するため、新型戦術誘導武器の発射を組織し、直接指導した」と報じた。

また金委員長が発射を見守った後、「戦術誘導武器体系の迅速な火力対応能力、戦術誘導弾の低高度滑空跳躍型飛行軌道の特性と戦闘的威力について直接確認し、確信する運びとなった事に満足している」と話した事を伝えた。

同通信によると、金委員長はこの日同行した幹部らに「最近、南朝鮮軍部の好戦勢力が自らの命運を掛けて必死に引き入れている最新武装装備は紛れもない攻撃型武器」だと指摘し、「我が国家の安全に脅威となるそれら(武器)を(韓国が)必要だと考えるなら、初期の内に無力化させるための、効果的な物理的手段の開発と実戦配備に向けたテストは、我が国家の安全保障において最も急がれる必須事業で、当然なされるべき行動である」と強調した。

金委員長は文大統領に宛てた発言もしており、韓国に対する不満も顕にしている。同通信は金委員長が「南朝鮮当局者は世界の人々の前では”平和の握手”を演出して共同宣言や合意書の様な文書をひねり回したりするが、裏では最新攻撃型武器の搬入と合同軍事演習強行の様なおかしな真似をして、矛盾する振る舞いを見せている」と話したと伝えた。

更に「我々はやむを得ず南側に存在する我が国家の安全の潜在的、直接的脅威を除去するため、超強力な武器体系を粘り強く開発していかなければならない」と、今回のミサイル発射の背景について改めて発言した。

また「南朝鮮当局者が事態の行方の危険性を適時感じ取り、最新武器搬入や軍事演習の様な自滅行為を中断しなければならない」と、「1日でも早く、昨年4月と9月の様な正しい姿勢を取り戻す事を願う」とも語った。

翻訳:水野卓

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. フェイクニュースが仮想通貨市場を揺さぶっている。世界最高のオフライン流通企業ウォルマートと時価総額…
  2. (写真:SUNOCSの太川玉緒代表(左)で大韓障礙人体育会のイ・ヒョンオク訓練本部本部) 日韓両国…
  3. (写真は、SUNOCSの太川玉緒会長(左)と大韓障礙人体育会の朴容奭(パク・ヨンソク)現地支援団長…
  4. -企業評価額は約122億円に到達、国内の事業多角化と組織基盤の強化へ 株式会社HYPERITHM(…
  5. 1回目のワクチン接種(5/9)では当日就寝後に注射を受けた部位付近に張りを感じ、以後2日間は腕を伸…
ページ上部へ戻る
Translate »