「仮想通貨投資ファンド、昨年の収益率16%以上」

■「仮想通貨の収益率16%以上」
昨年、仮想通貨専門ヘッジファンドの年間収益率が年間16%以上を記録したという集計が出た。その一方、伝統的なヘッジファンドの同期間中の年間収益率は10.4%と集計され、仮想通貨投資の収益率を下回ったことがわかった。

ヘッジファンド専門のデータプロバイダ、ヘッジファンドリサーチ(HFR)側は3日、「伝統的なヘッジファンドの戦略は、同じ期間10.4%の年間収益率を記録した」とし、仮想通貨専門ヘッジファンドの年間収益率が16%以上であると伝えた。

また米仮想通貨専門投資運用会社ギャラクシーデジタルの資産管理統括担当スティーブ・クルーズ氏は、「ビットコインの1年、3年、10年の投資収益率は、他の資産クラスよりも高い」とし「投資家がビットコインに集まる現象が発生している」と主張した。

■「リブラ、各国中央銀行の「衝撃」は不可避」
フェイスブックのリブラが各国の中央銀行に大きな衝撃を抱かせるという意見が出ている。仮想通貨専門メディアAMBクリプトは3日(現地時間)、仮想通貨のセキュリティ専門家であるアンドレアス・アントノフロス(Andreas Antonopoulos)氏がこのように分析したと報じた。

同氏は「フェイスブックの利用者は、世界で20億人に達している。フェイスブックは、自社プラットフォームのユーザの性向、よく利用するサービス、消費パターンなどすべての情報を収集して、これに合わせてサービスを披露することができる」とし「リブラも例外ではないだろう」と付け加えた。

■米MIT研究陣、4倍速い仮想通貨ルーティング開発
米MIT(マサチューセッツ工科大学)の研究陣が最近、新しい仮想通貨ルーティング技術「スパイダー」を開発したことが分かった。グローバルITメディアのコンピュータワールドは3日(現地時間)、MITの新ブロックチェーン技術を活用すれば、ブロックチェーンの取引速度を従来に比べて4倍以上向上させることができると報じた。研究陣は2月末にシステム分野で最高学会とされるUSENIXのコンソーシアムで、同技術の詳細を紹介する予定だ。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  2. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  3. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  4. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…
  5. ビットコイン(BTC)が1日で700ドルも急落した。特に今回の急落の背景として、韓国最大の仮想資産取…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »