何故日本と韓国にのみ「防疫報復」?…「日米韓協調に対する圧力か」

国が日本と韓国に対し、新型コロナに関する水際対策の「報復」措置を相次いで発表した。これについて専門家らは「日米韓3国協調」に対する牽制の意味合いが含まれているとの分析だ。

国国家移民管理局は11日、「最近、少数の国家で中国国民に対する差別的入国制限措置が実施されていることに関連し、日本人と韓国人に対する到着ビザ発給を停止し、乗り継ぎビザの免除政策も同様に停止する」と発表した。

停止される到着ビザは、人道的または緊急の事由で空港や港湾に到着してから申請できるビザ。乗り継ぎビザ免除制度は、地域により72時間または144時間まで中国国内の都市を観光し、他国に移動することを許容する制度だ。

国の汪文斌外交部報道官は前日の定例ブリーフィングで、「一部の少数国家が遺憾にも科学的事実と自国の新型コロナの感染状況を度外視したまま中国に対する差別的入国制限措置に固執していることに対し、断固として反対する」と、「中国はこれに相応する措置を取っている」と話した。

しかし現在、米国や英国、フランス、スペイン、イタリアなど少なくとも16国が中国からの入国者に対する水際対策の強化措置を取っている中、中国当局が日本と韓国に対してのみ、この様な措置を相次いで取ったことは「到底理解に苦しむ」との指摘もみられる。

これについて一部では、中国が「日本と韓国の米国との協調に反対する」というメッセージを引き続き送っているとする見方もある。

峨山政策研究院のイ・ドンギュ研究員は韓国メディアとのインタビューで、「中国が日本と韓国に対してビザ問題を取り上げたのは、自分たちの領域での影響力を誇示して日本と韓国が米国に同調する時は圧力をかけられることを見せつけようとの意図がある」と解説している。

翻訳:水野卓
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. [metaslider id="8380"] (写真はユーチューブで「ユミの空間」の動画から) 平壌…
  2. [metaslider id="8380"] 韓国で新型コロナウイルスのPCR検査を受けなければなら…
  3. 中国からの入国者全員に対するPCR検査が義務化された中、今月2日に仁川空港から韓国に入国した入国者の…
  4. [metaslider id="8380"] 北朝鮮で平壌(ピョンヤン)に輸送されていた金塊…
  5. 韓国の新型コロナウイルスの新規感染者数は15日0時基準で前日より4万9118人増加し、7万2883人…
ページ上部へ戻る
Translate »