「日本通がいない」…人員不足で悩む韓国

「日本通がいない」…人員不足で悩む韓国

日韓関係の膠着が続く中、悪材料ばかりが露見している。昨年12月20日、韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機に向けてレーダーを照射したとされる問題をめぐり、日本側は強い遺憾を表明。また数日前に行われた日韓議員連盟ソウル総会では、安倍総理が祝辞を見送った。課題は山積みにも関わらず、相互ホットラインが断絶状態の日韓外交が心配である。

公海上で漂流中の北朝鮮漁船を救助するという緊急時下で起こったレーダー稼働。平素であれば取るに足らない出来事だったかもしれない。小さな船舶を発見するのは容易ではなく、やむを得ず射撃統制システム搭載のMW-08レーダーを作動させた。しかし日本防衛省は「極めて危険な行為で、とても容認できない」と強く反発した。

韓国では、日本の哨戒機が偶発的にレーダー照射を受けたと分かっていながらの、政治的攻勢と見ている。つまり韓国では、故意に事態を大きくすることで、慰安婦財団の解散や、韓国最高裁による日本企業への賠償命令などで積もった韓国政府への鬱憤を晴らしていると分析している。

日本の政治的意図とは別に、これといった対応ができていないムン・ジェイン政権も問題だ。日本の事情に詳しい専門家が続々と一線から退き、対日外交インフラは不十分である。つい先日にも駐日韓国大使館の幹部職員が帰国するなど、「日韓慰安婦合意」の余波により対日外交ラインを旧弊視する雰囲気は相変わらずのようだ。一時「ワシントンスクール」にも匹敵する勢いだった「ジャパンスクール」だが、現職のイ・スフン駐日大使すら日本に対する見識は浅いと言わざるを得ない。

日韓は昨年末、強制徴用判決後初となる外交部局長級協議を行ったが特別な進展はなかった。ただでさえ冷え切った空気が流れているところに専門家らの流出まで重なり、これでは交渉が進むはずもない。

また、日本より韓国の方が実利を得られずにいるのだから事態はより深刻だ。日韓の訪問客数比較は、ますます日本優位に傾いている。今こそ、*求同存異の姿勢で日韓関係を再構築する時だ。

*求同存異-同じところを求めて、異なる点は残しておくの意

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. フェイクニュースが仮想通貨市場を揺さぶっている。世界最高のオフライン流通企業ウォルマートと時価総額…
  2. (写真:SUNOCSの太川玉緒代表(左)で大韓障礙人体育会のイ・ヒョンオク訓練本部本部) 日韓両国…
  3. (写真は、SUNOCSの太川玉緒会長(左)と大韓障礙人体育会の朴容奭(パク・ヨンソク)現地支援団長…
  4. -企業評価額は約122億円に到達、国内の事業多角化と組織基盤の強化へ 株式会社HYPERITHM(…
  5. 1回目のワクチン接種(5/9)では当日就寝後に注射を受けた部位付近に張りを感じ、以後2日間は腕を伸…
ページ上部へ戻る
Translate »