韓国裁判所、不二越に損害賠償を命令… 控訴を棄却

韓国裁判所、不二越に損害賠償を命令… 控訴を棄却

日本植民地時代に朝鮮女子勤労挺身隊として動員され軍需企業の不二越で強制労働した被害者が2審でも勝訴した。韓国裁判所は不二越の控訴を棄却し、損害賠償を命令した。

ソウル高裁は18日、キム・ゲスン氏(90)などの朝鮮女子勤労挺身隊に動員された27人が不二越を相手に損害賠償を求めた訴訟の控訴審で「精神的苦痛による慰謝料の支払いを命じる」との1審判決を支持し、原告一部勝訴の判決を下した。高裁は原告1人あたり8千万~1億ウォン(約980万円)の損害賠償を認めた。

原告らの主張によると、1926年から1945年直後まで「学校教育が受けられる」「ミシンを教える」などの勧誘に勤労挺身隊に志願して渡日し、富山市にある不二越富山工場で軍艦や戦闘機の部品を作る作業に務めた。工場では軍隊式の訓練を受けながら、日曜日を除いて毎日10〜12時間の過酷な労働に苦しめられたという。原告らは「劣悪な寮で外出も制限されたまま、常時監視される生活だったが、給与は全く支給されなかった。その後、太平洋戦争で日本が敗戦した後になってようやく帰国することができた」と語った。

キム氏などの原告らは、2003年4月に日本で不二越と日本政府を相手に損害賠償と謝罪広告の掲載を求める訴訟を起こしたが、1・2審はもちろん上告審でも敗訴した。1965年に締結された日韓請求権協定が敗訴の理由だった。

しかし、韓国最高裁は2012年5月に新日本製鉄を相手取った元徴用工の訴訟で、「個人請求権が消滅したことは認められない。また日本裁判所の判決の国内効力も認められない」という結論を出し、状況が大きく変わることになった。

同裁判の2審も最高裁の判断を支持し、「日本の判決理由をそのまま受け入れることは、韓国の善良な風俗やその他の社会秩序に違反する」とし、不二越側の主張を却下した。

裁判所は「被害者の多くは当時10代前半にもかかわらず、危険な作業に従事したが、70年以上が経過した現在まで補償または賠償がなされていなかった」とし「懐柔、脅迫などの手段を動員して勤労挺身隊に志願することにした点などを顧慮すると、1審が認めた慰謝料が過多であるとは思えない」と説明した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  2. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  3. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  4. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
  5. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
ページ上部へ戻る
Translate »