EU、北朝鮮をブラックリストに…資金洗浄の対策が不十分

EU、北朝鮮をブラックリストに…資金洗浄の対策が不十分

欧州連合(EU)の欧州委員会は北朝鮮をはじめ、イラン、シリアなど23カ国を「ブラックリスト」に追加するように欧州議会に提案した。「ブラックリスト」に含まれると、EU加盟国との金融取引に制裁が掛けられる。

欧州委員会は13日(現地時間)、資金洗浄(マネーロンダリング)やテロ資金支援を防ぐために十分な努力をしていないと判断する23カ国のリストを発表した。EUは28カ国の加盟国と欧州議会の承認を受け、資金洗浄やテロ資金支援疑惑国のリストを最終的に確定する予定。このブラックリストに含められるとEU諸国との金融取引が難しくなる。

発表された暫定ブラックリストには、北朝鮮、イラン、アフガニスタン、サモア、バハマ、ボツワナ、エチオピア、ガーナ、グアム、イラク、リビア、ナイジェリア、パキスタン、パナマ、プエルトリコ、サウジアラビア、スリランカ、シリア、トリニダードトバゴ、チュニジア、バージン諸島、イエメンなどで、以前から資金洗浄やテロ資金支援対策が不十分だとして指摘されてきた国・地域が含まれた。

欧州委員会は、「今回のリストの発表は、資金洗浄やテロ資金支援のリスクから、EUの金融システムを保護するためのもの」とし「EUの資金洗浄防止のガイドラインが適用される銀行や金融機関は、リストに上がった国の顧客や機関と取引をする場合、疑わしい資金の流れを確認するための点検を強化しなければならない」と述べた。

一方、米国はプエルトリコ、グアム、サモア、バージン諸島など米領地域4カ所が含まれていることに強く反発した。米財務省は同日の声明で「リストの作成過程での手続き上の問題について懸念を表明する」と述べた。

【北朝鮮の状況】
北朝鮮では年始の贈答品に「ヒロポン」
北朝鮮、昨年対中国貿易赤字が過去最大に
北朝鮮が関与した詐欺コインは?…少なくとも2つ
仮想通貨ハッキング事故、殆どは北朝鮮の仕業?
文大統領を出迎える北朝鮮の子供たち、独特な挨拶の意味は?
北朝鮮、市場活性化で年5600万ドル税金収入…住民は情報共有の場

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. フェイクニュースが仮想通貨市場を揺さぶっている。世界最高のオフライン流通企業ウォルマートと時価総額…
  2. (写真:SUNOCSの太川玉緒代表(左)で大韓障礙人体育会のイ・ヒョンオク訓練本部本部) 日韓両国…
  3. (写真は、SUNOCSの太川玉緒会長(左)と大韓障礙人体育会の朴容奭(パク・ヨンソク)現地支援団長…
  4. -企業評価額は約122億円に到達、国内の事業多角化と組織基盤の強化へ 株式会社HYPERITHM(…
  5. 1回目のワクチン接種(5/9)では当日就寝後に注射を受けた部位付近に張りを感じ、以後2日間は腕を伸…
ページ上部へ戻る
Translate »