EU、北朝鮮をブラックリストに…資金洗浄の対策が不十分

EU、北朝鮮をブラックリストに…資金洗浄の対策が不十分

欧州連合(EU)の欧州委員会は北朝鮮をはじめ、イラン、シリアなど23カ国を「ブラックリスト」に追加するように欧州議会に提案した。「ブラックリスト」に含まれると、EU加盟国との金融取引に制裁が掛けられる。

欧州委員会は13日(現地時間)、資金洗浄(マネーロンダリング)やテロ資金支援を防ぐために十分な努力をしていないと判断する23カ国のリストを発表した。EUは28カ国の加盟国と欧州議会の承認を受け、資金洗浄やテロ資金支援疑惑国のリストを最終的に確定する予定。このブラックリストに含められるとEU諸国との金融取引が難しくなる。

発表された暫定ブラックリストには、北朝鮮、イラン、アフガニスタン、サモア、バハマ、ボツワナ、エチオピア、ガーナ、グアム、イラク、リビア、ナイジェリア、パキスタン、パナマ、プエルトリコ、サウジアラビア、スリランカ、シリア、トリニダードトバゴ、チュニジア、バージン諸島、イエメンなどで、以前から資金洗浄やテロ資金支援対策が不十分だとして指摘されてきた国・地域が含まれた。

欧州委員会は、「今回のリストの発表は、資金洗浄やテロ資金支援のリスクから、EUの金融システムを保護するためのもの」とし「EUの資金洗浄防止のガイドラインが適用される銀行や金融機関は、リストに上がった国の顧客や機関と取引をする場合、疑わしい資金の流れを確認するための点検を強化しなければならない」と述べた。

一方、米国はプエルトリコ、グアム、サモア、バージン諸島など米領地域4カ所が含まれていることに強く反発した。米財務省は同日の声明で「リストの作成過程での手続き上の問題について懸念を表明する」と述べた。

【北朝鮮の状況】
北朝鮮では年始の贈答品に「ヒロポン」
北朝鮮、昨年対中国貿易赤字が過去最大に
北朝鮮が関与した詐欺コインは?…少なくとも2つ
仮想通貨ハッキング事故、殆どは北朝鮮の仕業?
文大統領を出迎える北朝鮮の子供たち、独特な挨拶の意味は?
北朝鮮、市場活性化で年5600万ドル税金収入…住民は情報共有の場

関連記事

ピックアップ記事

  1. 現地の人材をブロックチェーン専門のエンジニアとして育成し、技術開発に投入する目的で、インドでの事業展…
  2. 米テスラは、中国・上海工場で生産する電気自動車にLG化学のバッテリーを搭載することを決定した。LG化…
  3. ドイツの自動車メーカー「フォルクスワーゲン」は22日(現地時間)、同社が電気自動車メーカー「テスラ」…
  4. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、済州企業の日本市場進出拡大のため、8月21日(…
  5. 韓国政府が22日、日韓軍事情報保護協定(GSOMIA)破棄を電撃決定したなか、河野太郎外務大臣はこの…

おすすめ記事

  1. 韓国の食品医薬品安全処は21日、放射能が微量検出されて返送履歴がある輸入食品の安全性検査件数を2倍に…
  2. 昨年6月に第2次世界大戦以降初めて、西ヨーロッパ最初の大衆迎合主義(ポピュリズム) 政府がイタリアに…
  3. 韓国国民の4人に3人は、日本が経済報復措置を撤回しない限り日本製品の不買運動は続くと予想した。…
  4. 日本製品の不買運動の影響でユニクロなど日本ブランドの韓国モバイルアプリケーション(アプリ)の利用率が…
  5. 日本が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画だとする…
ページ上部へ戻る