ギャラクシーS10、仮想通貨4種に対応…BTC、ETHのほか2種追加

ギャラクシーS10、仮想通貨4種に対応…BTC、ETHのほか2種追加

■ギャラクシーS10、仮想通貨4種に対応…BTC、ETHのほか2種追加
ビットコイニストなど海外仮想通貨専門メディアによると、サムスン電子がスペイン・バルセロナで開催された「MWCカンファレンス2019」を通じて新型スマホ「ギャラクシーS10」に搭載されているウォレットの対応可能コインに新たに2種の仮想通貨を追加することを発表した。

新たに追加された仮想通貨はEnjin Coin(ENJ)とCosmo Coin(COSM)。これでギャラクシーS10のウォレットが対応する仮想通貨はビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)を加え、全4種となる。

同発表でENJとCOSMのは前日比約200%急騰するなど、市場の注目を集めている。

■「ブロックチェーンの影響で3年以内にビジネス方式が変わる」
26日(現地時間)コインテレグラフによると、世界的な会計コンサルティング会社KPMGは2018年12月から2019年1月までに、全世界12カ国740社の最高技術責任者(CTO)を対象に、ブロックチェーン関連アンケート調査を実施した。

調査の結果、回答者の48%が「3年以内にブロックチェーンが企業のビジネス方式を根こそぎ変える」、41%が「これに備えている」と答え、ブロックチェーンによる技術革新について肯定的な反応を見せた。

その一方、回答者の23%は「ブロックチェーン技術が効率性を向上させることには同意するが、具体的に証明されたビジネスケースがないという点が最大の不確実性だ」と答えた。

【ビットコインの市況】
イーサリアム、28日からハードフォーク開始…注意点は「急激な価額変動性」
米最大手銀行「仮想通貨は今後も存続し続ける」
バフェット氏「仮想通貨は妄想…ブロックチェーン技術の進歩は注目」
ビットコイン、4200ドルから急落…再び3800ドル台に
「仮想通貨、低迷期は終わった」
韓国仮想通貨市場、デマ・偽情報が拡散

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »