北朝鮮がミサイル発射場を復旧?トランプ氏「事実なら非常に失望」

北朝鮮がミサイル発射場を復旧?トランプ氏「事実なら非常に失望」

北朝鮮が東倉里(トンチャンリ)ミサイル発射場を復旧するような動きが捉えられた。米メディアのボイス・オブ・アメリカ(VOA)は7日、先月中旬から同ミサイル発射場の復旧の動きがあり、ミサイル発射場内の建物が8ヶ月ぶりに再建されたと報じた。

東倉里の施設は北朝鮮の主要な大陸間弾道ミサイル(ICBM)基地。北朝鮮は同場所でICBMの性能を高度化させたりする実験を行ってきた。米国を直接打撃できるICBMは米国とって最大の威嚇であるため、東倉里の状況は米国も注視している。

VOAは衛星写真を分析し、「昨年7月に移動された組立建物が先月22日から、元の位置に移動された痕跡がみられる。同建物はロケットなどを垂直に立てて発射台に移す役割をする」とし「同建物の移動は解体ではなく、復旧にみられる」と報道した。

これを受け、トランプ米大統領は6日(現地時間)、「判断するのは時期尚早だが、もし事実であれば、非常に失望する」とし「何が起こっているのか見極めていくが、結局は解決されると思う」と慎重な姿勢を見せた。

米国は2回目の米朝首脳会談が決裂に終わった後にも北朝鮮との対話基調を維持していくと明らかにしていたため、今回の報道が事実であれば、トランプ政権に大きな負担になると思われる。また北朝鮮の非核化に悲観的な立場をとっていた米議会がさらにこれを口実にトランプ大統領を圧迫すると予想される。

専門家らは、北朝鮮は過去にも廃棄を約束した施設を一部だけ解体し、交渉のカードに活用した事例があると語る。今回も交渉相手の米国を圧迫するため、首脳会談前に東倉里の施設を再建した可能性があるという。

一方、北朝鮮は昨年9月に開催された3回目の南北首脳会談以降、非核化の意志を示す一環として東倉里ミサイル発射場を永久的に廃棄すると約束している。

【揺れる米朝関係】

北朝鮮が反論、「要求したのは制裁の一部解除」

米朝首脳会談決裂…金正恩氏は沈黙 北朝鮮メディアも報道せず

米朝首脳会談が決裂…「北朝鮮が完全な制裁撤廃を要求」

金正恩氏「連絡事務所設置は歓迎すべきこと」

米朝「決断の日」、ハノイ宣言に注目

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「国際原油価格は最高で150ドルまで上昇し、世界経済は米国を含め沈滞に陥り、世界経済の脱石油化が加速…
  2. 動画ストリーミング企業・ネットフリックス(Netflix)の有料視聴者数が米国で8年ぶりに減少し、競…
  3. 22日午前4時25分頃、シンガポール海峡近くで韓国籍の貨物船シケイブルーベル(4万4132t)が海賊…
  4. 女性も男性同様に性的な夢を見る-50年前の調査時に比べ3倍以上増加 女性も男性と同じように性…
  5. 「学生らしさ」 vs 「人権の尊重」…中学校で生徒のスカート丈を計測? -「目のやり場に困る…

おすすめ記事

  1. ムニューシン米財務長官が仮想通貨への強力な規制の意志を示した。ムニューシン長官は18日(現地時間)、…
  2. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  3. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  4. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  5. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
ページ上部へ戻る