中国、女子大生の間で広がる「卵子売買」…取引価額は80万円

中国、女子大生の間で広がる「卵子売買」…取引価額は80万円

中国の女子大生らが最高80万円で自身の卵子を売っていることが明らかになった。中国のニュースサイトThe Paperは最近、女子大生らが卵子を売って借金を返したり、お小遣いを稼いでいると報じた。

卵子の値段は最小1万元(約16万円)から最高5万元(約80万円)に達し、”背が高く容姿が可愛い”と値段は更に高くなるという。

記事によると、中国では大学の女子大生寮には卵子を買い取るとの広告が様々なところに貼ってあるほど、闇市が活性化されている。これは、2015年に廃止となった中国の「一人っ子政策(独生子女政策)」と関連が深い。

同政策の廃止により、子供を二人以上出産することが可能となったものの、既に避妊手術を受け妊娠ができなくなっている女性が多いという。

The Paperとインタービューした女子大生によると、排卵誘導剤を服用してから10日後に卵子を採取する手術を受ける。手術の多くは違法であるため、麻酔をせずに病院ではなく事務室などの場所で行われるという。インタービューに応じた同女子大生は、これまで二回手術を受け、29個の卵子を販売したと明らかにした。稼いだ金額は計6万元(約96万円)で、借金の返済に使ったという。

一般的に卵子は1ヶ月に一個排卵されるが、更に多くの卵子を採取するため排卵誘導剤を飲む場合もある。排卵誘導剤は嘔吐、双極性感情障害(躁うつ症)などの副作用を起こす。

2017年には10代女性が卵子を採取する際に命を失われるそうになった事件もあった。当時、卵子仲介業者2人は違法医療行為の容疑で起訴され、それぞれ1年10ヶ月の実刑判決を受けた。

翻訳:尹怡景

【よく読まれているニュース】

小惑星が地球に急接近…衝突可能性は?
ピザ2枚から始まった仮想通貨決済…月々の家賃支払いまで可能に
Galaxy S10の仮想通貨ウォレットが注目されている理由
TWICEが激怒… 「違法動画事件とは無関係」
チョン・ジュニョンが逮捕へ…スンリは4回目の取り調べ
投資の鬼才ジム・ロジャーズ「北朝鮮では全ての事が収益モデル」

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界最大民泊仲介の米エアビーアンドビー(Airbnb)が新規株式公開(IPO)を準備していると明らか…
  2. サウジアラビア政府がサウジの富豪らに対し、国営石油企業アラムコのIPO(新規株式公開)時に株式の大量…
  3. 安倍晋三首相と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今月下旬開催の国連総会に出席するため、米ニューヨ…
  4. 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が40%台前半に落ち込んだ。世論調査会社「リアルメーター…
  5. 今年8月に日本を訪れた韓国人観光客数が前年の半分程度に急減した事が分かった。前年の数字を基準として見…

おすすめ記事

  1. 韓国でアフリカ豚コレラ(ASF)が拡散の兆しを見せているなか、豚肉の価格が暴騰する動きを見せ懸念が高…
  2. 北朝鮮が食肉供給のためにウサギ飼育に心血を注いでいる。金正恩北朝鮮国務委員長もウサギの肉をさらに多く…
  3. LINE、日本で仮想通貨取引所オープン…クリプト金融市場開拓へ -BTC・ETH・XRP・B…
  4. [ワールドリポート] 炎に包まれる地球 北極やシベリア、インドネシア、ついにはアマゾンまで。…
  5. 写真は香港の行政トップ林鄭月娥行政長官/香港政府公式ホームページから 「逃亡犯条例」撤回引き…
ページ上部へ戻る