中国、女子大生の間で広がる「卵子売買」…取引価額は80万円

中国、女子大生の間で広がる「卵子売買」…取引価額は80万円

中国の女子大生らが最高80万円で自身の卵子を売っていることが明らかになった。中国のニュースサイトThe Paperは最近、女子大生らが卵子を売って借金を返したり、お小遣いを稼いでいると報じた。

卵子の値段は最小1万元(約16万円)から最高5万元(約80万円)に達し、”背が高く容姿が可愛い”と値段は更に高くなるという。

記事によると、中国では大学の女子大生寮には卵子を買い取るとの広告が様々なところに貼ってあるほど、闇市が活性化されている。これは、2015年に廃止となった中国の「一人っ子政策(独生子女政策)」と関連が深い。

同政策の廃止により、子供を二人以上出産することが可能となったものの、既に避妊手術を受け妊娠ができなくなっている女性が多いという。

The Paperとインタービューした女子大生によると、排卵誘導剤を服用してから10日後に卵子を採取する手術を受ける。手術の多くは違法であるため、麻酔をせずに病院ではなく事務室などの場所で行われるという。インタービューに応じた同女子大生は、これまで二回手術を受け、29個の卵子を販売したと明らかにした。稼いだ金額は計6万元(約96万円)で、借金の返済に使ったという。

一般的に卵子は1ヶ月に一個排卵されるが、更に多くの卵子を採取するため排卵誘導剤を飲む場合もある。排卵誘導剤は嘔吐、双極性感情障害(躁うつ症)などの副作用を起こす。

2017年には10代女性が卵子を採取する際に命を失われるそうになった事件もあった。当時、卵子仲介業者2人は違法医療行為の容疑で起訴され、それぞれ1年10ヶ月の実刑判決を受けた。

翻訳:尹怡景

【よく読まれているニュース】

小惑星が地球に急接近…衝突可能性は?
ピザ2枚から始まった仮想通貨決済…月々の家賃支払いまで可能に
Galaxy S10の仮想通貨ウォレットが注目されている理由
TWICEが激怒… 「違法動画事件とは無関係」
チョン・ジュニョンが逮捕へ…スンリは4回目の取り調べ
投資の鬼才ジム・ロジャーズ「北朝鮮では全ての事が収益モデル」

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 1回目のワクチン接種(5/9)では当日就寝後に注射を受けた部位付近に張りを感じ、以後2日間は腕を伸…
  2. 我が家は家族経営の薬局だ。業務の中心は処方箋調剤だが、一般薬などの販売もしている。コロナ禍において…
  3. 米国の製薬企業ファイザーが年末までに口から飲む錠剤形の新型コロナ治療薬を開発すると明かした。同社は…
  4. 年初から半導体不足への対応を強調してきた米国政府が今月、主な半導体及び自動車業界関係者を招請し、こ…
  5. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
ページ上部へ戻る
Translate »