【コラム】過去最悪の日韓関係も…非核化の鍵を握るのは日本

【コラム】過去最悪の日韓関係も…非核化の鍵を握るのは日本

歴史的問題に端を発した日韓の関係は、日本のレーダー照射事件を契機に悪化の一途をたどり、ついには経済報復の話にまで発展している。朝鮮半島の非核化や経済面においても深い連携を取っている両国だけに、韓国政府の冷静な対処が必要だと専門家らは語る。

ファイナンシャルニュースは17日、「日韓関係の悪化、解決の糸口は?」をテーマに座談会を開催した。

韓国併合以降、良好だと言えたためしのない日韓関係だが、2018年10月の徴用工訴訟問題から一層冷え込んだ。このとき日本は韓国政府に説明を求めたが、明確な回答は得られなかった。

聖公会大学のヤン・ギホ教授は「戦略的な提携関係を取っていた二国だが、今は戦略的な放置状態へと後退している。外交当局間、そして国民間の対話を通して互いの胸中を知る努力が必要だ」とした。

このまま関係が悪化し続ければ、あらゆる面で韓国側が不利を被る可能性もある。漢陽大学のキム・ギョンミン教授は「日米の結びつきが強くなればなるほど、北朝鮮の非核化推進にプレッシャーを与えることができる。朝鮮半島の平和のためにも日本の力添えは必要だ」と語った。

日韓の外務省では、「局長級会議」をもって関係改善を図る案について話し合いが行われた。現状は決して望ましくない、と双方は共通の認識を示したという。

チン・チャンス主席研究員は「非核化の鍵を握るのは日本であり、非可逆的な非核化を求めているという点でも韓国とは同じ立場だ。米国ひいては国際社会を動かすことのできる日本の存在は極めて重要」と強調した。

またこの日は、韓国政府の取るべき賢明な対応についても議論された。求められるのは、冷静かつ先を見据えた選択だ。

カン・チャンイル議員は「韓国は感情的な態度を自制し、冷静沈着な態度で臨むべき。相互間の真摯な協調があってこそ、困難な状況をも打開することができる」と語った。

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の徐虎(ソ・ホ)統一部次官は16日、慶応大学で開催された「朝鮮半島国際平和フォーラム」に出席し、…
  2. 懸念の声が高まっているフェイスブックの独自の仮想通貨「リブラ」が、米国の安保上の問題にまで浮上してい…
  3. 日本による輸出規制措置に対し、韓国政府がWTO(世界貿易機構)を中心とした「国際世論戦」と「WTO提…
  4. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  5. 通称「カブトムシ」で広く知られている、独フォルクスワーゲン(VW)の小型車「ビートル(Beetle)…

おすすめ記事

  1. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  2. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  3. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  4. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
  5. 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8日、日本政府の「輸出規制」の撤回を要求した。…
ページ上部へ戻る