【コラム】過去最悪の日韓関係も…非核化の鍵を握るのは日本

gjsr

【コラム】過去最悪の日韓関係も…非核化の鍵を握るのは日本

歴史的問題に端を発した日韓の関係は、日本のレーダー照射事件を契機に悪化の一途をたどり、ついには経済報復の話にまで発展している。朝鮮半島の非核化や経済面においても深い連携を取っている両国だけに、韓国政府の冷静な対処が必要だと専門家らは語る。

ファイナンシャルニュースは17日、「日韓関係の悪化、解決の糸口は?」をテーマに座談会を開催した。

韓国併合以降、良好だと言えたためしのない日韓関係だが、2018年10月の徴用工訴訟問題から一層冷え込んだ。このとき日本は韓国政府に説明を求めたが、明確な回答は得られなかった。

聖公会大学のヤン・ギホ教授は「戦略的な提携関係を取っていた二国だが、今は戦略的な放置状態へと後退している。外交当局間、そして国民間の対話を通して互いの胸中を知る努力が必要だ」とした。

このまま関係が悪化し続ければ、あらゆる面で韓国側が不利を被る可能性もある。漢陽大学のキム・ギョンミン教授は「日米の結びつきが強くなればなるほど、北朝鮮の非核化推進にプレッシャーを与えることができる。朝鮮半島の平和のためにも日本の力添えは必要だ」と語った。

日韓の外務省では、「局長級会議」をもって関係改善を図る案について話し合いが行われた。現状は決して望ましくない、と双方は共通の認識を示したという。

チン・チャンス主席研究員は「非核化の鍵を握るのは日本であり、非可逆的な非核化を求めているという点でも韓国とは同じ立場だ。米国ひいては国際社会を動かすことのできる日本の存在は極めて重要」と強調した。

またこの日は、韓国政府の取るべき賢明な対応についても議論された。求められるのは、冷静かつ先を見据えた選択だ。

カン・チャンイル議員は「韓国は感情的な態度を自制し、冷静沈着な態度で臨むべき。相互間の真摯な協調があってこそ、困難な状況をも打開することができる」と語った。

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 年初から半導体不足への対応を強調してきた米国政府が今月、主な半導体及び自動車業界関係者を招請し、こ…
  2. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
  3. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…
  4. 東京渋谷に位置する有名デパートであるマルイで「KOREA PARK」イベントが2月23日~3月28…
  5. 私たち人類を苦しめた2020年が終わり、約1年経過した新型コロナウイルスが、未だに私たちを脅かして…
ページ上部へ戻る
Translate »