イーサリアムが急上昇…先物取引への期待感

イーサリアムが急上昇…先物取引への期待感

時価総額基準で世界2位の仮想通貨であるイーサリアム(ETH)が急上昇している。

コインマーケットキャップによると、イーサリアムの価額は7日午後13時時点で過去24時間比10%高の178ドル前後で推移している。一時180ドルを突破する場面も。イーサリアムが180ドル台を記録したのは約1か月ぶり。

このような急上昇の背景にはイーサリアム先物取引商品の承認への期待感がある。仮想通貨専門媒体コインデスクは7日(現地時間)、米国商品先物取引委員会(CFTC)の関係者の言葉として「米国の金融派生商品に対する監督権限を持つ、CFTCは、要件が満たされる場合、イーサリアム先物取引を承認する準備ができている」と報じた。同メディアは「イーサリアム先物商品の申請案がCFTCに提出され、承認される場合、イーサリアムに対する機関の投資が拡大する契機になる」と見込んだ。

またイーサリアムの大規模アップグレードに対する期待感も市場に反映されている様子。仮想通貨専門媒体CCNは「イーサリアム2.0のための初期のコード仕様が50%完成した」とし、「イーサリアムネットワークの技術改善への期待感が高まっている」と伝えた。

バフェット氏「仮想通貨はスロットマシンのようなもの」
仮想通貨の分散投資、最適なコインは“リップル”
「テザー事態、市場に及ぼす影響は大きくない」
BTCが5200ドル割り込む… USDTへの疑惑が原因?
仮想通貨が一斉に下落…BTCは再び5400ドル台に
ビットコインが5500ドル突破…「ゴールデンクロスが示現」
ビットコインが今年最高値記録…専門家ら「6000ドルまで上昇」
ビットコインの採掘、損益分岐点は3550ドル前後

[ファクトチェック] ビットコインが4カ月ぶりに5000ドルを突破したわけとは?
ブテリン氏もBSVの上場廃止を支持
バイナンス、ビットコインSVの上場廃止を宣言

関連記事

ピックアップ記事

  1. インドネシアのスマトラ島のアチェ特別自治州で、不倫などの疑いで公開むち打ち刑を受けた男性と女性が刑…
  2. 2019年に最も大幅の上昇を見せた仮想通貨はバイナンスコイン(BNB)であることが分かった。8日(現…
  3. 韓国政府は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のような仮想通貨の取引収入に対する課税案作…
  4. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  5. 写真はBTSのオフィシャルSNSから BTS(防弾少年団)が披露する新しい複合体験空間「BT…

おすすめ記事

  1. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  2. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  3. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  4. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  5. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
ページ上部へ戻る