仮想通貨の分散投資、最適なコインは“リップル”

仮想通貨の分散投資、最適なコインは“リップル”

■ バイナンス「仮想通貨の分散投資に“リップル”が最適」
仮想通貨取引所大手バイナンスは仮想通貨の収入分析レポートを発表し、「仮想通貨間の相関関係を調べた結果、リップル(XRP)が分散投資に最適な銘柄であることが明らかになった」と伝えた。

レポートによると、ビットコインやイーサリアムなどの主要仮想通貨は市場の流れに左右される傾向があるのに対し、リップルは他の仮想通貨の相場との相関関係が最も少ないという。レポートは「リップルのこの特性を考慮すると、分散投資に最適な銘柄」と分析した。

■トム・リー氏「2020年に仮想通貨は最高値を達する」
米調査会社ファンドストラットの代表トム・リー氏が仮想通貨市場に対する肯定的展望を出し注目を集めている。

同氏はCNBCとのインタビューで、「半減期、ビットコイン苦痛指数、200日移動平均など、様々な指標が仮想通貨の低迷期は終わったことを知らせている」とし「来年の2020年には、仮想通貨の価格が最高値に達するだろう」と予想した。また、「いわゆる“大物”の動きが活発化しているという点も、市場の活性化に貢献するとみられる」と分析した。

「テザー事態、市場に及ぼす影響は大きくない」
BTCが5200ドル割り込む… USDTへの疑惑が原因?
仮想通貨が一斉に下落…BTCは再び5400ドル台に
ビットコインが5500ドル突破…「ゴールデンクロスが示現」
ビットコインが今年最高値記録…専門家ら「6000ドルまで上昇」
ビットコインの採掘、損益分岐点は3550ドル前後

[ファクトチェック] ビットコインが4カ月ぶりに5000ドルを突破したわけとは?
ブテリン氏もBSVの上場廃止を支持
バイナンス、ビットコインSVの上場廃止を宣言
仮想通貨業界で今年注目の4大ワードは?
ブテリン氏「イーサリアム2.0の開発は巡航中」
[ファクトチェック] 東京都では、仮想通貨でレンタサイクルが利用可能?

関連記事

ピックアップ記事

  1. インドネシアのスマトラ島のアチェ特別自治州で、不倫などの疑いで公開むち打ち刑を受けた男性と女性が刑…
  2. 2019年に最も大幅の上昇を見せた仮想通貨はバイナンスコイン(BNB)であることが分かった。8日(現…
  3. 韓国政府は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のような仮想通貨の取引収入に対する課税案作…
  4. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  5. 写真はBTSのオフィシャルSNSから BTS(防弾少年団)が披露する新しい複合体験空間「BT…

おすすめ記事

  1. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  2. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  3. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  4. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  5. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
ページ上部へ戻る