仮想通貨の分散投資、最適なコインは“リップル”

仮想通貨の分散投資、最適なコインは“リップル”

■ バイナンス「仮想通貨の分散投資に“リップル”が最適」
仮想通貨取引所大手バイナンスは仮想通貨の収入分析レポートを発表し、「仮想通貨間の相関関係を調べた結果、リップル(XRP)が分散投資に最適な銘柄であることが明らかになった」と伝えた。

レポートによると、ビットコインやイーサリアムなどの主要仮想通貨は市場の流れに左右される傾向があるのに対し、リップルは他の仮想通貨の相場との相関関係が最も少ないという。レポートは「リップルのこの特性を考慮すると、分散投資に最適な銘柄」と分析した。

■トム・リー氏「2020年に仮想通貨は最高値を達する」
米調査会社ファンドストラットの代表トム・リー氏が仮想通貨市場に対する肯定的展望を出し注目を集めている。

同氏はCNBCとのインタビューで、「半減期、ビットコイン苦痛指数、200日移動平均など、様々な指標が仮想通貨の低迷期は終わったことを知らせている」とし「来年の2020年には、仮想通貨の価格が最高値に達するだろう」と予想した。また、「いわゆる“大物”の動きが活発化しているという点も、市場の活性化に貢献するとみられる」と分析した。

「テザー事態、市場に及ぼす影響は大きくない」
BTCが5200ドル割り込む… USDTへの疑惑が原因?
仮想通貨が一斉に下落…BTCは再び5400ドル台に
ビットコインが5500ドル突破…「ゴールデンクロスが示現」
ビットコインが今年最高値記録…専門家ら「6000ドルまで上昇」
ビットコインの採掘、損益分岐点は3550ドル前後

[ファクトチェック] ビットコインが4カ月ぶりに5000ドルを突破したわけとは?
ブテリン氏もBSVの上場廃止を支持
バイナンス、ビットコインSVの上場廃止を宣言
仮想通貨業界で今年注目の4大ワードは?
ブテリン氏「イーサリアム2.0の開発は巡航中」
[ファクトチェック] 東京都では、仮想通貨でレンタサイクルが利用可能?

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「韓国経済、下落に突入…2020年代には成長率1%台」 -生産性の鈍化で成長率は下落…拡張的…
  2. 米中貿易交渉を再開するための最後のチャンネルと期待されている、両国の高位級貿易交渉が岐路に立たされて…
  3. 日本経済が米中貿易戦争の余波にも、1四半期に“サプライズ成長”した。当初「ゼロ成長」あるいは「マイナ…
  4. 三日間20%以上下落したビットコインが上昇に転じ、再び8000ドル台を回復した。…
  5. 韓国アイドルグループの影響により、いわゆる“女々しい”男性が増えていることへの反発で、中国では「男子…

おすすめ記事

  1. 2019-5-14

    激化する米中貿易摩擦、次は通貨安競争か

    貿易交渉で対立している米国と中国が、最悪の状況を想定した防御の準備に苦心している模様だ。安定に維持し…
  2. 2019-5-13

    Uberも上場直後から株価急落…スタートアップの限界露呈?

    2014年のアリババ上場後、約5年振りの超大型新規株式公開(IPO)として注目を集めていたUberだ…
  3. 2019-5-9

    イラン、核開発再開を宣言… 緊張感高まる中東情勢

    イランが西側諸国と2015年に締結した核合意の履行を一部停止するとの方針を8日(現地時間)に打ち出し…
  4. 2019-5-8

    再び浮上する「北朝鮮リスク」…韓国の国家信用等級格上げは遠く

    韓国の国家信用等級格上げの障害となっていた北朝鮮リスクが、再び浮上する兆候がみられる。…
  5. 2019-4-28

    フェイスブックは“ファーストペンギン”になれるか

    「発行はされるようです。あとは時期の問題ではないでしょうか?また、フェイスブックがブロックチェーン技…

アーカイブ

ページ上部へ戻る