「仮想通貨取引所の平均寿命は18ヶ月」

「仮想通貨取引所の平均寿命は18ヶ月」

■仮想通貨取引所は高いリスクの業種…平均寿命は18ヶ月
AMBクリプトは16日(現地時間)、「全世界の仮想通貨取引所の平均寿命が18ヶ月に過ぎない」という調査結果を報じた。記事によると、今まで廃業した取引所は50社以上で、今年だけでコインネスト、クアドリガCX、クリプトピア、ゲートコイン、コインパルスなど8社に達している。

専門家は廃業の原因について、ハッキングによる仮想通貨盗難、管理不良、仮想通貨の価値下落など経営状況の悪化を挙げている。

■バイナンス、ビットコインに連動するBTCB発行
コインテレグラフは17日(現地時間)、世界最大の仮想通貨取引所バイナンスがビットコインに連動する新仮想通貨BTCBを発行すると明らかにした。BTCBトークンはビットコインに100%連動するトークンで、今後バイナンスが運営する取引所などで使用される予定だ。

バイナンスは「BTCBを通じてバイナンスの取引所の脱集中化を期待している」と説明した。また同社のジャオ・チャンポンCEOは「BTCBのため、準備資金として9001BTCを預けた」と述べた。

■「バフェットとの昼食会」にTron創業者とLitecoin創設者が参席
オークションを通じて「バフェットとの昼食会」を約5億円で落札したTronの創設者ジャスティン・ソン氏が、自分と一緒に同行する最初の人物としてチャーリー・リー氏を挙げた。

ソン氏は17日(現地時間)、自身のツイッターに「バフェットとの昼食会をLitecoinの創設者チャーリー・リー氏と一緒にする」と明らかにした。リー氏も「招待に感謝する」という反応を見せた。

「バフェットとの昼食会」は7月25日に予定されている。落札者であるジャスティン・ソン氏のほか、全7人が同席することができる。

フェイスブックの仮想通貨プロジェクト…超大型パートナーシップ公開
Bakkt、7月よりビットコイン先物のテスト開始
ライトコインが“アルトコイン強者”に… 今年に入って4倍上昇
フェイスブック、18日に仮想通貨発行か?
クレイグ・ライト氏は本当に「サトシ・ナカモト」なのか?
ローカルビットコイン、現金取引の停止を発表…BTC下落の原因か
ビットコインの投資価値、金・石油を上回る

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 韓国産の発酵紅参を輸入・販売するヒストリーメーカージャパンが、日本有数の旅行社エイチ・アイ・エス(…
  2. フィナンシャルニュースジャパンが運営するインターネットニュースサイト「fnnews.jp」が、関西…
  3. 京都サンガFC監督を務めている曺貴裁氏が来年1月11日、京都国際中学高等学校で講演会を行う。 1.…
  4. 駐大阪韓国文化院は12月4日(土)、福岡国際会議場で第12回「話してみよう韓国語」福岡大会を開催し…
  5. 駐大阪韓国文化院とコリアNGOセンターは、韓日交流の痕跡を辿るオンライン散策<大阪コリアタウ…
ページ上部へ戻る
Translate »