韓国国防部が緊急会見「またも近接威嚇飛行…明白な挑発行為」

韓国国防部が緊急会見「またも近接威嚇飛行…明白な挑発行為」

韓国国防部は23日、緊急会見を開き、日本海上自衛隊の哨戒機がまたも韓国海軍の艦艇に近接威嚇飛行をしたとし、日本側を強く批判した。

国防部によると、同日午後2時3分ごろ、韓国・南海の離於島(イオド)近海で日本哨戒機が韓国海軍艦艇に向かって近接威嚇飛行をしたという。国防部は「韓国の艦艇を明確に識別できる状況にもかかわらず、距離540メートル、高度60~70メートルに近接威嚇飛行をした。明白な挑発行為」と非難した。

また「このような低高度近接脅威飛行を再度行ったのは、友好国の艦艇に対する明白な挑発行為で、日本の意図を疑うしかない」とし「また、このような行為が繰り返される場合は、我々の軍も対応行動規範に基づいて強力に対応していく」と強調した。

【レーダー照射問題…冷え込む日韓関係】

韓国国防部、「日本哨戒機がまた近接飛行」

韓国、「レーダー照射問題を米国と共有」

日韓外相会談、関係改善になるか…北朝鮮問題で日本の協力を求める韓国

「日本と価値共有」が削除…レーダー照射問題で韓国国防白書にも変化か

韓国、レーダー照射を巡り「反論映像」公開

韓国外交部、日本側に遺憾表明…「レーダー問題確認無しで一方的に公開」

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  2. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  3. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  4. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…
  5. 米国ホワイトハウスでの新型コロナウイルス感染拡大が止まらない。日々新たな感染者が発生し、現在までホ…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »