会談場所はベトナム・ハノイ…米国が北朝鮮に譲った

写真はホワイトハウスから

会談場所はベトナム・ハノイ…米国が北朝鮮に譲った

米朝首脳会談の開催場所が決まった。トランプ米国大統領は8日(現地時間)、2月末に予定されている2回目の米朝首脳会談の開催場所について「ベトナムのハノイ」と発表した。

トランプ大統領は同日、ツイッターに「生産的な会談を行ったビーガン特別代表が2回目の米朝首脳会談の時間と日付を合意した後、先ほど北朝鮮を去った」とし「米朝首脳会談は、ベトナムのハノイで2月27日と28日に行われる予定だ」と明らかにした。また「私は金正恩国務委員長との会談と平和への進展を期待している」と伝えた。

会談開催地は、ベトナム南部の観光地ダナンが有力視されていた。米国は警護やセキュリティ上の問題を十分に検討した経験があるダナンを選好していた。ダナンは2017年のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が開かれた場所で、トランプ大統領も訪問したことがある。しかし、北朝鮮はハノイに北朝鮮の大使館があることから、ハノイ開催を要求してきたという。

韓国メディアは、ハノイ開催について米国が北朝鮮の要求を受け入れたとし、今回の米朝首脳会談で両国が出す合意案に期待している模様だ。

【注目される米朝首脳会談】

米朝首脳会談の開催地、米国はダナン 北朝鮮はハノイ
トランプ氏、2回目の米朝首脳会談開催を公式発表「今月27~28日にベトナムで」
米朝首脳会談、開催日は27日…場所はベトナム
北朝鮮メディア、米国に「制裁緩和」を強調
金正恩氏、トランプ氏からの親書に「大きな満足」
米朝首脳会談、開催場所はハノイかダナンか…米朝両者に近しいベトナムが有力
韓国統一部、「2回目の米朝首脳会談開催を歓迎…成功を期待」

関連記事

ピックアップ記事

  1. インドネシアのスマトラ島のアチェ特別自治州で、不倫などの疑いで公開むち打ち刑を受けた男性と女性が刑…
  2. 2019年に最も大幅の上昇を見せた仮想通貨はバイナンスコイン(BNB)であることが分かった。8日(現…
  3. 韓国政府は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のような仮想通貨の取引収入に対する課税案作…
  4. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  5. 写真はBTSのオフィシャルSNSから BTS(防弾少年団)が披露する新しい複合体験空間「BT…

おすすめ記事

  1. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  2. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  3. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  4. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  5. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
ページ上部へ戻る