金正恩がベトナムまで「列車移動」する理由は?

金正恩がベトナムまで「列車移動」する理由は?

先週23日に平壌を出発した、北朝鮮の金正恩委員長が乗った列車は24日午後1時に中国の天津駅を通過し、中国南部に向かっていることが分かった。列車は26日午前、ベトナムに到着すると予想されている。

注目を集めるのは約4時間しかかからない飛行機の代わりに60時間以上が所要する列車を選んだ理由だ。金委員長が列車を選択した背景には3つの理由があるとみられる。

最も説得力のある観点は、列車での移動を通じて世界にメッセージを送っているとの分析だ。最近韓国大統領府のイベント企画諮問委員に委嘱されたタク・ヒョンミン氏は、列車で移動することについて「北朝鮮の優れた判断と選択」と評価した。

タク氏によると、平壌からの鉄道がベトナムまで繋いでいることを世界に見せるチャンスとして今回の列車移動を活用しているという。タク氏は「当然の事実を全世界、特に韓国に見せることで、南北が統一すれば、釜山から出発した列車が平壌を経てベトナムをはじめとする東南アジアにまで行けることを宣伝している」と語った。

また、北朝鮮の体制の安定さを知らせる意味も列車移動に入っている。これまで世界のメディアなどは金正恩氏の指導力を不安視し、クーデターなどの内部権力闘争の可能性があると指摘してきたが、わざと60時間もかかる「長時間の不在」を演出し、体制の安定さを世に知らしめる意図があると見られる。

さらに、列車は中国を経由している。そのため、中国は金委員長が乗った列車が順調にベトナムまで行けるように国内列車スケジュールを変更し金委員長の列車を優先している。つまり、「北朝鮮の後ろには中国がいる」「北朝鮮と中国の友好」ということを列車移動だけで見せているのだ。

【注目される米朝首脳会談】

米ホワイトハウス、「非核化の北朝鮮に経済発展の青写真提供」
金正恩氏、列車でハノイ入り?
トランプ氏の楽観論と金正恩氏の焦り…サムスン電子訪問も視野に
会談場所はベトナム・ハノイ…米国が北朝鮮に譲った
米朝首脳会談の開催地、米国はダナン 北朝鮮はハノイ
トランプ氏、2回目の米朝首脳会談開催を公式発表「今月27~28日にベトナムで」
米朝首脳会談、開催日は27日…場所はベトナム

関連記事

ピックアップ記事

  1. 現地の人材をブロックチェーン専門のエンジニアとして育成し、技術開発に投入する目的で、インドでの事業展…
  2. 米テスラは、中国・上海工場で生産する電気自動車にLG化学のバッテリーを搭載することを決定した。LG化…
  3. ドイツの自動車メーカー「フォルクスワーゲン」は22日(現地時間)、同社が電気自動車メーカー「テスラ」…
  4. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、済州企業の日本市場進出拡大のため、8月21日(…
  5. 韓国政府が22日、日韓軍事情報保護協定(GSOMIA)破棄を電撃決定したなか、河野太郎外務大臣はこの…

おすすめ記事

  1. 韓国の食品医薬品安全処は21日、放射能が微量検出されて返送履歴がある輸入食品の安全性検査件数を2倍に…
  2. 昨年6月に第2次世界大戦以降初めて、西ヨーロッパ最初の大衆迎合主義(ポピュリズム) 政府がイタリアに…
  3. 韓国国民の4人に3人は、日本が経済報復措置を撤回しない限り日本製品の不買運動は続くと予想した。…
  4. 日本製品の不買運動の影響でユニクロなど日本ブランドの韓国モバイルアプリケーション(アプリ)の利用率が…
  5. 日本が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画だとする…
ページ上部へ戻る