原油価格、下半期80ドル台まで上昇する?

原油価格、下半期80ドル台まで上昇する?

原油価格はこれからも上昇するという専門家の見通しが続いている。最近1バレル70ドル台まで上昇した原油価格(ブレント油)が、今年の下半期には80ドル台になるとの予測も出ている。

イラン産原油禁輸措置にベネズエラの石油供給危機、石油輸出国機構(OPEC)と、ロシアなどの非加盟国産油国「OPECプラス」の減産が加わり、石油市場の需給が逼迫(ひっぱく)するというのが背景にある。さらに8年ぶりに全面内戦の危機に直面しているリビア事態まで加われば、原油価格は一時的に、より大幅に跳ね上がる可能性も排除できなくなる。

シティグループのリサーチ責任者であるエドワード・モース氏は、原油価格が上昇する可能性がより高いと予想している。同氏は「イラン、ベネズエラ、OPECプラスの減産などで原油価格は下落より上昇する可能性がはるかに高い」とし「石油市場は需給が非常にギリギリで、既存の予想よりも大きく上がる可能性がある」と予想した。

コンサルティング会社FGEのペシャラキー会長も原油価格の上昇は避けられないと予想した。同氏はCNBCとのインタビューで「誰も介入しなければ、ファンダメンタルズ面から見ると、下半期には75ドル、80ドルになるとみられる」と語った。

こういう状況に北アフリカの産油国リビアが内戦に直面している。昨年、原油生産を3倍に引き上げ、日量130万バレルを生産していたリビアが全面的な内戦に突入すると、原油の供給が途絶え、原油価格の急騰の引き金になる可能性が非常に高い。

リビアの一日の生産量は、日本や韓国など8カ国がイランから輸入する原油量と同じ規模だ。生産支障はすでに始まっているようだ。イタリアの大手石油・天然ガス会社であるイタリア炭化水素公社(ENI)は7日、リビアで全職員を撤退することを決定したと発表した。イタリアの外交省もリビア政府との協議を通じて撤退が決定されたと伝えた。

【踊る原油市場】

「脱エネルギー宣言」のサウジ…海外での原油・ガス開発へ
国際原油市場、ベネズエラの事態で変動性拡大は不可避
ベネズエラ石油制裁本格化…事実上最大の被害国は米?
サウジ、追加減産計画を発表
米エネルギー省「2020年に『エネルギー独立』」
混沌の石油市場、米国‐OPEC‐ロシアの‟パワーゲーム”

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米韓合同軍事演習が20日に終了する予定で、米朝実務交渉再開への期待感も高まっている。…
  2. 韓国上場企業の純利益が大幅に減少したことがわかった。しかし、サムスン電子やSKハイニックスを除けば、…
  3. 香港の「逃亡犯条例」に反対するデモ隊が18日、大規模集会を開き香港政府に対して強く抗議する中、中国人…
  4. 昨年6月に第2次世界大戦以降初めて、西ヨーロッパ最初の大衆迎合主義(ポピュリズム) 政府がイタリアに…
  5. ビットコインの創設者として知られている「サトシ・ナカモト」を名乗る人物がまたも登場した。その人物は日…

おすすめ記事

  1. 韓国国民の4人に3人は、日本が経済報復措置を撤回しない限り日本製品の不買運動は続くと予想した。…
  2. 日本製品の不買運動の影響でユニクロなど日本ブランドの韓国モバイルアプリケーション(アプリ)の利用率が…
  3. 日本が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画だとする…
  4. 7月に韓国国内で販売された日本車の規模が1年前に比べて17.2%も減少したことが分かった。日本政府の…
  5. まるでドラマの様だった6.30米韓朝首脳の板門店会合から1ヶ月が過ぎた。板門店会合をドラマと表現した…
ページ上部へ戻る