ビットコイン、4千ドル前後で攻防…ラリーの背景は?

ビットコイン、4千ドル前後で攻防…ラリーの背景は?

ビットコインの価額が4000ドルを巡る攻防が激しくなる模様だ。4000ドル台を回復すると、さらに上昇できるとの分析もあり、ビットコインの値動きに注目が集まる。

コインマーケットキャップによると、ビットコインは21日午前11時時点で過去24時間比1%高の3980ドル前後で推移している。他のコインも上昇の動きで、時価総額2、3位のイーサリアムとリップルはそれぞれ2.2%高と1.5%高を記録している。特にイオス(EOS)の価額は3.8ドルを突破し、上昇を続けている。

海外の仮想通貨専門メディアなどによると、4000ドル線が心理的な抵抗線となっているという。専門家らはビットコインの最近の勢いから「4000ドルを突破するとさらに上昇する余地がある」と見ている。

最近のラリーについては、「2月末に予定されたイーサリアムのハードフォークへの期待感」「米巨大銀行JPモルガン・チェースの独自コイン”JPM Coin”発行ニュース」「サムスン電子の新型スマートフォンGalaxy S10に電子財布搭載」などが好材料となり、投資心理が大きく改善されていると専門家らは分析した。

【ビットコインの市況】
ギャラクシーS10、「仮想通貨のための最高のスマートフォン」
20〜30代「株式よりも仮想通貨市場を信頼」
上昇続く仮想通貨、BTCが4000ドル目前…上昇の背景は?
フェイスブック、ブロックチェーン人材拡充…市場進出に繋がる?
ビットコイン、3700ドル突破…ETHは130ドル回復
イーサリアム創業者「ハードフォークには問題ない」

関連記事

ピックアップ記事

  1. パウエル議長がまたも利下げ示唆…「適切に行動していく」 パウエル連邦準備制度理事会(FRB)…
  2. “リブラ衝撃”にBTCが急落…一部では6000ドルまで後退も予想 Facebookの独自仮想…
  3. 米国のドナルド・トランプ大統領は16日、北朝鮮問題について「制裁は引き続き維持されている」と、急ぐ事…
  4. 台風5号「ダナス」発生…日本への影響は? 台風5号「ダナス」がフィリピンの東海上で発生した。…
  5. 17日の仮想通貨市場は、ほとんどの銘柄が前日比10%以上の暴落を見せるなど重い雰囲気が漂っている。米…

おすすめ記事

  1. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  2. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  3. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  4. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  5. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
ページ上部へ戻る