ビットコイン、4千ドル前後で攻防…ラリーの背景は?

ビットコイン、4千ドル前後で攻防…ラリーの背景は?

ビットコインの価額が4000ドルを巡る攻防が激しくなる模様だ。4000ドル台を回復すると、さらに上昇できるとの分析もあり、ビットコインの値動きに注目が集まる。

コインマーケットキャップによると、ビットコインは21日午前11時時点で過去24時間比1%高の3980ドル前後で推移している。他のコインも上昇の動きで、時価総額2、3位のイーサリアムとリップルはそれぞれ2.2%高と1.5%高を記録している。特にイオス(EOS)の価額は3.8ドルを突破し、上昇を続けている。

海外の仮想通貨専門メディアなどによると、4000ドル線が心理的な抵抗線となっているという。専門家らはビットコインの最近の勢いから「4000ドルを突破するとさらに上昇する余地がある」と見ている。

最近のラリーについては、「2月末に予定されたイーサリアムのハードフォークへの期待感」「米巨大銀行JPモルガン・チェースの独自コイン”JPM Coin”発行ニュース」「サムスン電子の新型スマートフォンGalaxy S10に電子財布搭載」などが好材料となり、投資心理が大きく改善されていると専門家らは分析した。

【ビットコインの市況】
ギャラクシーS10、「仮想通貨のための最高のスマートフォン」
20〜30代「株式よりも仮想通貨市場を信頼」
上昇続く仮想通貨、BTCが4000ドル目前…上昇の背景は?
フェイスブック、ブロックチェーン人材拡充…市場進出に繋がる?
ビットコイン、3700ドル突破…ETHは130ドル回復
イーサリアム創業者「ハードフォークには問題ない」

関連記事

ピックアップ記事

  1. アイスランドで「700歳氷河」の追悼式…理由は「地球温暖化」 気候変動により溶け出したアイス…
  2. 北朝鮮が食肉供給のためにウサギ飼育に心血を注いでいる。金正恩北朝鮮国務委員長もウサギの肉をさらに多く…
  3. 米財務省、50年債の発行検討 米国政府が急速に増える債務に対応するため、50〜100年にも及…
  4. 中国、米国産大豆と豚肉を大量購入へ 米中貿易紛争の実務交渉が開かれる予定の中で、中国の米国産…
  5. トランプ大統領「今年中に金正恩氏と再び会うだろう」…非核化交渉再開の意思 米国のドナルド・ト…

おすすめ記事

  1. LINE、日本で仮想通貨取引所オープン…クリプト金融市場開拓へ -BTC・ETH・XRP・B…
  2. [ワールドリポート] 炎に包まれる地球 北極やシベリア、インドネシア、ついにはアマゾンまで。…
  3. 写真は香港の行政トップ林鄭月娥行政長官/香港政府公式ホームページから 「逃亡犯条例」撤回引き…
  4. 韓国の文在寅大統領は30日、「金正恩北朝鮮国務委員長の韓−ASEAN特別首脳会議への参加可能性」につ…
  5. 北朝鮮メディアは最近、新型ミサイル発射実験を視察する金正恩国務委員長の姿を公開し注目を集めた。特に金…
ページ上部へ戻る