「仮想通貨、低迷期は終わった」

■ジョセフ・ヤング氏「仮想通貨、底打ちして上昇に転じるだろう」
有名な仮想通貨アナリストであるジョセフ・ヤング氏が、仮想通貨市場が低迷から徐々に抜け出していると主張した。ヤング氏は23日(現地時間)、ツイッターを通してビットコインの出来量が回復し機関投資家が増加する現象を挙げながら、「底を打って上昇に転じるだろう」と予想した。

また同日、仮想通貨専門家として知られているコロンビア大学のファーノース・ムドクタス教授も「2月に入ってほとんどの仮想通貨が上昇しており、企業や機関投資家のブロックチェーンへの投資も増加している」とし「市場が強気相場に転じている」と分析した。

■トロン(TRX)、2月28日にハードフォーク予定
トロンの創始者であるジャスティン・ソン氏は23日(現地時間)、トロン3.5バージョンのハードフォークを今月28日に進行すると発表した。ソン氏は、今回のハードフォークで50%ほどの性能向上、仮想化マシンのセキュリティ向上、分散型アプリ(DApp)のサポートなど、さまざまな機能が改善されると説明した。

■世界で最も高価な中古車の価額は1000BTC
世界で最も高価な中古車はどんな車なのか?コインデスクは23日(現地時間)、価格がなんと4.7億円を超える中古車一台を紹介した。この中古車は2013年型トヨタプリウス。13年にアメリカ人のマイケル・ジョニー氏が1000ビットコイン(BTC)で購入したもの。当時1BTCは約100ドルだったが、現在価値はなんと4.7億円で、フェラーリやランボルギーニなどのスーパーカー10台を購入できる価格。

ジョニー氏は「誰もビットコイン価格がこんなに上がるとは思わなかったので、後悔はない」とし「車を長く乗ることを望む」と述べた。

【ビットコインの市況】
韓国仮想通貨市場、デマ・偽情報が拡散
米テスラのマスク氏「仮想通貨の創始者にノーベル賞を」
ビットコイン、4千ドル前後で攻防…ラリーの背景は?
ギャラクシーS10、「仮想通貨のための最高のスマートフォン」
20〜30代「株式よりも仮想通貨市場を信頼」

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国著作権庁が21日、自称サトシ・ナカモトのクレイグ・ライト氏が申請したビットコインのホワイトペーパ…
  2. 米国のドナルド・トランプ大統領が19日、イランに強力な最終警告を投げ掛けた。この日の警告は、イラクの…
  3. 脱北女性の多くが中国で売春などを強要されていると、英国の民間団体が発表した。…
  4. 米国証券取引委員会(SEC)がビットコインETF(上場投資信託)の承認判断を再び延期した。SECは2…
  5. 「韓国経済、下落に突入…2020年代には成長率1%台」 -生産性の鈍化で成長率は下落…拡張的…

おすすめ記事

  1. 2019-5-20

    ファーウェイ、「米市場を放棄してでも、妥協はしない」…攻勢に出る中国

    米中貿易交渉を再開するための最後のチャンネルと期待されている、両国の高位級貿易交渉が岐路に立たされて…
  2. 2019-5-14

    激化する米中貿易摩擦、次は通貨安競争か

    貿易交渉で対立している米国と中国が、最悪の状況を想定した防御の準備に苦心している模様だ。安定に維持し…
  3. 2019-5-13

    Uberも上場直後から株価急落…スタートアップの限界露呈?

    2014年のアリババ上場後、約5年振りの超大型新規株式公開(IPO)として注目を集めていたUberだ…
  4. 2019-5-9

    イラン、核開発再開を宣言… 緊張感高まる中東情勢

    イランが西側諸国と2015年に締結した核合意の履行を一部停止するとの方針を8日(現地時間)に打ち出し…
  5. 2019-5-8

    再び浮上する「北朝鮮リスク」…韓国の国家信用等級格上げは遠く

    韓国の国家信用等級格上げの障害となっていた北朝鮮リスクが、再び浮上する兆候がみられる。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る