イーサリアム、28日からハードフォーク開始…注意点は「急激な価額変動性」

イーサリアム、28日からハードフォーク開始…注意点は「急激な価額変動性」

イーサリアムの大型ハードフォーク「コンスタンティノープル」が間もなく開始される。海外メディアなどによると、大規模アップデートは28日から実施されるようで、約730万ブロックで稼働されるとみられる。

仮想通貨専門メディア「イーサリアム・ワルド・ニュース」によると、コンスタンティノープルを通じて変更されるのは、ネットワークの効率向上、コンセンサス(合意形成)アルゴリズムの1つである「マイニング難度爆弾(difficulty bomb)」の遅延、イーサリアムのブロック報酬額の減少などである。

このうち、投資家らが注目するのはイーサリアムのブロック報酬額の減少。現在マイニングによる報酬額は3ETHだが、コンスタンティノープル以降は2ETHになる。イーサリアムの市場流通量が減ることで、価額上昇が予想される。

しかし、市場ではこのような動きを先に読み取り、すでに価額が大幅に上昇している。

実際にここ1ヶ月間イーサリアムの価額は104ドルから150ドルまで急騰した。問題はコンスタンティノープル以降。ハードフォーク直後から売り圧力が大きくいなる可能性が高いと思われるからだ。

これまで、他のコインのハードフォーク前後の価額動きをみると、ハードフォーク前は期待感で上昇したが、ハードフォーク後は暴落する動きを見せた。そのため、多くの専門家らは急激な価額変動性に注意を呼び掛けている。

【ビットコインの市況】
米最大手銀行「仮想通貨は今後も存続し続ける」
バフェット氏「仮想通貨は妄想…ブロックチェーン技術の進歩は注目」
ビットコイン、4200ドルから急落…再び3800ドル台に
「仮想通貨、低迷期は終わった」
韓国仮想通貨市場、デマ・偽情報が拡散
米テスラのマスク氏「仮想通貨の創始者にノーベル賞を」

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  2. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  3. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  4. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…
  5. 米国ホワイトハウスでの新型コロナウイルス感染拡大が止まらない。日々新たな感染者が発生し、現在までホ…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »