イーサリアム、28日からハードフォーク開始…注意点は「急激な価額変動性」

イーサリアム、28日からハードフォーク開始…注意点は「急激な価額変動性」

イーサリアムの大型ハードフォーク「コンスタンティノープル」が間もなく開始される。海外メディアなどによると、大規模アップデートは28日から実施されるようで、約730万ブロックで稼働されるとみられる。

仮想通貨専門メディア「イーサリアム・ワルド・ニュース」によると、コンスタンティノープルを通じて変更されるのは、ネットワークの効率向上、コンセンサス(合意形成)アルゴリズムの1つである「マイニング難度爆弾(difficulty bomb)」の遅延、イーサリアムのブロック報酬額の減少などである。

このうち、投資家らが注目するのはイーサリアムのブロック報酬額の減少。現在マイニングによる報酬額は3ETHだが、コンスタンティノープル以降は2ETHになる。イーサリアムの市場流通量が減ることで、価額上昇が予想される。

しかし、市場ではこのような動きを先に読み取り、すでに価額が大幅に上昇している。

実際にここ1ヶ月間イーサリアムの価額は104ドルから150ドルまで急騰した。問題はコンスタンティノープル以降。ハードフォーク直後から売り圧力が大きくいなる可能性が高いと思われるからだ。

これまで、他のコインのハードフォーク前後の価額動きをみると、ハードフォーク前は期待感で上昇したが、ハードフォーク後は暴落する動きを見せた。そのため、多くの専門家らは急激な価額変動性に注意を呼び掛けている。

【ビットコインの市況】
米最大手銀行「仮想通貨は今後も存続し続ける」
バフェット氏「仮想通貨は妄想…ブロックチェーン技術の進歩は注目」
ビットコイン、4200ドルから急落…再び3800ドル台に
「仮想通貨、低迷期は終わった」
韓国仮想通貨市場、デマ・偽情報が拡散
米テスラのマスク氏「仮想通貨の創始者にノーベル賞を」

関連記事

ピックアップ記事

  1. アイスランドで「700歳氷河」の追悼式…理由は「地球温暖化」 気候変動により溶け出したアイス…
  2. 北朝鮮が食肉供給のためにウサギ飼育に心血を注いでいる。金正恩北朝鮮国務委員長もウサギの肉をさらに多く…
  3. 米財務省、50年債の発行検討 米国政府が急速に増える債務に対応するため、50〜100年にも及…
  4. 中国、米国産大豆と豚肉を大量購入へ 米中貿易紛争の実務交渉が開かれる予定の中で、中国の米国産…
  5. トランプ大統領「今年中に金正恩氏と再び会うだろう」…非核化交渉再開の意思 米国のドナルド・ト…

おすすめ記事

  1. LINE、日本で仮想通貨取引所オープン…クリプト金融市場開拓へ -BTC・ETH・XRP・B…
  2. [ワールドリポート] 炎に包まれる地球 北極やシベリア、インドネシア、ついにはアマゾンまで。…
  3. 写真は香港の行政トップ林鄭月娥行政長官/香港政府公式ホームページから 「逃亡犯条例」撤回引き…
  4. 韓国の文在寅大統領は30日、「金正恩北朝鮮国務委員長の韓−ASEAN特別首脳会議への参加可能性」につ…
  5. 北朝鮮メディアは最近、新型ミサイル発射実験を視察する金正恩国務委員長の姿を公開し注目を集めた。特に金…
ページ上部へ戻る