BIGBANG スンリ、問題のメッセージ全内容を汚職査察機関が確保…警察捜査は必至

写真はスンリのインスタグラムから

BIGBANG スンリ、問題のメッセージ全内容を汚職査察機関が確保…警察捜査は必至

「性接待」指示疑惑と関連し物議を醸しているBIGBANG スンリ(V.I)。問題の発端となったメッセージの全内容が公務員の汚職などを査察する政府機関である国民権益委員会に提出されたことが明らかになった。

韓国メディアのSBS funEは4日、国民権益委員会がスンリの性接待指示が記された資料を公益通報の形式で確保し、関連調査に着手したと報じた。提出された資料はスンリと投資会社ユリ・ホールディングスのユ代表をはじめ、複数の芸能人が参加したグループチャットで交わされた数万件のメッセージだと伝えられている。

記事によると、国民権益委員会は性接待疑惑はもちろん、警察との癒着疑惑についても調査している。情報提供者が同資料を警察ではなく国民権益委員会に提供した理由も、警察との癒着が疑われるメッセージが多くみられたからだという。
国民権益委員会は資料を調査した後に検察や警察に捜査を依頼する方針だ。

一方、韓国警察は、睡眠ドラックを悪用した疑惑がもたれている韓国のクラブ「バーニングサン」を捜査している。V.Iは同クラブの理事として務めていた。警察は、警察との癒着関係、性犯罪、GHB(デートレイプドラッグ)、麻薬販売容疑などで同クラブの関係者らを調査している。

【注目の韓流ニュース】

YGエンタ、スンリの疑惑を全面否定…「捏造された内容だ」
BIGBANGのV.I、「性接待」命令の疑惑浮上
睡眠ドラック悪用疑惑のクラブ代表「V.Iは経営に関与していない」
BIGBANG事務所社長が謝罪「V.Iは麻薬をしてない…暴行問題のクラブは辞任」
「82年生まれ、キム・ジヨン」著者が来日…「日韓の女性は似たような経験を共有」

Netflix『キングダム』の魅力にはまる外国人が続出…「帽子が格好いい」
パク・ユチョンが新アルバム発表…YouTubeで本格的に活動再開へ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国のドナルド・トランプ大統領が19日、イランに強力な最終警告を投げ掛けた。この日の警告は、イラクの…
  2. 脱北女性の多くが中国で売春などを強要されていると、英国の民間団体が発表した。…
  3. 米国証券取引委員会(SEC)がビットコインETF(上場投資信託)の承認判断を再び延期した。SECは2…
  4. 「韓国経済、下落に突入…2020年代には成長率1%台」 -生産性の鈍化で成長率は下落…拡張的…
  5. 米中貿易交渉を再開するための最後のチャンネルと期待されている、両国の高位級貿易交渉が岐路に立たされて…

おすすめ記事

  1. 2019-5-20

    ファーウェイ、「米市場を放棄してでも、妥協はしない」…攻勢に出る中国

    米中貿易交渉を再開するための最後のチャンネルと期待されている、両国の高位級貿易交渉が岐路に立たされて…
  2. 2019-5-14

    激化する米中貿易摩擦、次は通貨安競争か

    貿易交渉で対立している米国と中国が、最悪の状況を想定した防御の準備に苦心している模様だ。安定に維持し…
  3. 2019-5-13

    Uberも上場直後から株価急落…スタートアップの限界露呈?

    2014年のアリババ上場後、約5年振りの超大型新規株式公開(IPO)として注目を集めていたUberだ…
  4. 2019-5-9

    イラン、核開発再開を宣言… 緊張感高まる中東情勢

    イランが西側諸国と2015年に締結した核合意の履行を一部停止するとの方針を8日(現地時間)に打ち出し…
  5. 2019-5-8

    再び浮上する「北朝鮮リスク」…韓国の国家信用等級格上げは遠く

    韓国の国家信用等級格上げの障害となっていた北朝鮮リスクが、再び浮上する兆候がみられる。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る