韓国、日本人観光客ために「ご当地シャトル」運航決定

韓国、日本人観光客ために「ご当地シャトル」運航決定

韓国観光公社は日本の大型連休「ゴールデンウィーク(GW)」を前に、25日から来韓日本人観光客を対象とした「KOREAご当地シャトル」を運営すると発表した。

ご当地シャトルはソウルと地方の観光地を結ぶ日帰りバスツアー。首都圏や釜山、済州に行き先が偏っている現状を踏まえ、外国人観光客の地方都市への分散を促す。

今年運営するのはソウルから鉄原、江華、扶余、舒川の4つのルートと、釜山から陜川を結ぶルートなど計5つのコースとなる。

各ご当地シャトルは週3回運行される予定で、専門のガイドが同行して観光地を案内し、各地のご当地グルメも提供される。利用料金は7000〜8500円。

公社では22日からのご当地シャトル予約販売開始を記念し、日本のゴールデンウィーク期間中の2週間「同伴者無料(1+1)イベント」を行う。

シャトルの予約と決済は22日から専用ウェブサイトおよび公社が運営する個人観光客専用の予約フラットフォーム「Visit Korea for me」からできる。またバスの出発場所で当日の購入も可能だ。

ご当地シャトルはリピート率が特に高くて韓国のことを詳しく知っている日本人個人観光客の地方訪問を効果的に誘導するため、2014年に2つのコースで運営を始めている。その以来、2017年を除いて今まで約6000人がご当地シャトルを利用している。

韓国観光公社のハ・サンソック日本担当チーム長は「韓国をよく訪れる日本人観光客は地方旅行にも関心を持っているが、行きやすい立地ではないため不便なところが多いのが現状」とし「ご当地シャトルは専用車両や専門のガイド、ご当地グルメを提供するため、日本人観光客が地方観光をより身近に感じることができる。今後再び韓国を訪れた際、また地方を訪れる可能性も高くなる」と説明した。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »