米ナスダック、リップル(XRP)指数を発表開始

米ナスダック、リップル(XRP)指数を発表開始

■ナスダック、リアルタイム指数サービスにリップル(XRP)を追加
時価総額ベースで世界第2位の証券取引所である米ナスダックがリアルタイム指数サービスにリップル(XRP)指数を追加した。CCNが30日(現地時間)に報じた。

ナスダックは今年2月にビットコインとイーサリアム関連指数のサービスを開始しており、今回のリップルを含めると3つの仮想通貨関連指数をこれから発表することになる。ハイテク株取引を重点的に行わっているナスダックは、仮想通貨とブロックチェーン市場に対し積極的な態度を取っている。

一方、今回のリップル指数追加のニュースが伝わると、その直後のリップルの値動きは急騰し、1時間で約4%も上昇する強い動きを見せた。


■世界仮想通貨取引所の利用者ランキング、1位は米… 日本と 韓国が2位と3位に
世界仮想通貨取引所の利用者の数を調査した結果、1位は米国で、日本と韓国がそれぞれ2位と3位を記録していることが分かった。

市場調査機関のデータライトが一ヶ月間、全世界100個所の仮想通貨取引所を調査した結果を30日に発表。米国の利用者は約2220万人で最も利用者数が多かった。日本は610万人。韓国は570万人で調査された。

データライト側は「米国を除けば、取引所の利用者が全世界的に均等に分布している」とし「4月に入ってはビットコイン価格の上昇などで取引所の利用者が増えている」と説明した。

仮想通貨の分散投資、最適なコインは“リップル”
「テザー事態、市場に及ぼす影響は大きくない」
BTCが5200ドル割り込む… USDTへの疑惑が原因?
仮想通貨が一斉に下落…BTCは再び5400ドル台に
ビットコインが5500ドル突破…「ゴールデンクロスが示現」
ビットコインが今年最高値記録…専門家ら「6000ドルまで上昇」
ビットコインの採掘、損益分岐点は3550ドル前後

[ファクトチェック] ビットコインが4カ月ぶりに5000ドルを突破したわけとは?
ブテリン氏もBSVの上場廃止を支持
バイナンス、ビットコインSVの上場廃止を宣言
仮想通貨業界で今年注目の4大ワードは?
ブテリン氏「イーサリアム2.0の開発は巡航中」

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国の巨大IT4社の時価総額が6日(現地時間)、1兆ドルに再進入した。 同日、グーグル親企業のアル…
  2. 「毎瞬間、改革しなければならない」失われた20年という「死の谷間(デスバレー)」を乗り越えた日本企業…
  3. 新型コロナウイリスの感染拡散の憂慮などで主要国の経済活動の回復が遅れる可能性が高まっている。…
  4. 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は22日、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第…
  5. トランプ米大統領は3ヵ月ぶりに開催した支持者集会が興行に失敗すると、激怒した。 21日(現地時間)…

おすすめ記事

  1. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
  2. WHO(世界保健機構)が新型コロナウイルスの感染拡大はまだ進行中であり、来週には全世界の患者数が10…
  3. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  4. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  5. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
ページ上部へ戻る
Translate »