米ナスダック、リップル(XRP)指数を発表開始

米ナスダック、リップル(XRP)指数を発表開始

■ナスダック、リアルタイム指数サービスにリップル(XRP)を追加
時価総額ベースで世界第2位の証券取引所である米ナスダックがリアルタイム指数サービスにリップル(XRP)指数を追加した。CCNが30日(現地時間)に報じた。

ナスダックは今年2月にビットコインとイーサリアム関連指数のサービスを開始しており、今回のリップルを含めると3つの仮想通貨関連指数をこれから発表することになる。ハイテク株取引を重点的に行わっているナスダックは、仮想通貨とブロックチェーン市場に対し積極的な態度を取っている。

一方、今回のリップル指数追加のニュースが伝わると、その直後のリップルの値動きは急騰し、1時間で約4%も上昇する強い動きを見せた。


■世界仮想通貨取引所の利用者ランキング、1位は米… 日本と 韓国が2位と3位に
世界仮想通貨取引所の利用者の数を調査した結果、1位は米国で、日本と韓国がそれぞれ2位と3位を記録していることが分かった。

市場調査機関のデータライトが一ヶ月間、全世界100個所の仮想通貨取引所を調査した結果を30日に発表。米国の利用者は約2220万人で最も利用者数が多かった。日本は610万人。韓国は570万人で調査された。

データライト側は「米国を除けば、取引所の利用者が全世界的に均等に分布している」とし「4月に入ってはビットコイン価格の上昇などで取引所の利用者が増えている」と説明した。

仮想通貨の分散投資、最適なコインは“リップル”
「テザー事態、市場に及ぼす影響は大きくない」
BTCが5200ドル割り込む… USDTへの疑惑が原因?
仮想通貨が一斉に下落…BTCは再び5400ドル台に
ビットコインが5500ドル突破…「ゴールデンクロスが示現」
ビットコインが今年最高値記録…専門家ら「6000ドルまで上昇」
ビットコインの採掘、損益分岐点は3550ドル前後

[ファクトチェック] ビットコインが4カ月ぶりに5000ドルを突破したわけとは?
ブテリン氏もBSVの上場廃止を支持
バイナンス、ビットコインSVの上場廃止を宣言
仮想通貨業界で今年注目の4大ワードは?
ブテリン氏「イーサリアム2.0の開発は巡航中」

関連記事

ピックアップ記事

  1. 1万3000ドルまで上昇したビットコインがここ一週間の間に約26%下落し9000ドル台にとどまってい…
  2. パウエル議長がまたも利下げ示唆…「適切に行動していく」 パウエル連邦準備制度理事会(FRB)…
  3. “リブラ衝撃”にBTCが急落…一部では6000ドルまで後退も予想 Facebookの独自仮想…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領は16日、北朝鮮問題について「制裁は引き続き維持されている」と、急ぐ事…
  5. 台風5号「ダナス」発生…日本への影響は? 台風5号「ダナス」がフィリピンの東海上で発生した。…

おすすめ記事

  1. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  2. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  3. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  4. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  5. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
ページ上部へ戻る