IBM、ブロックチェーン5大原則を発表

IBM、ブロックチェーン5大原則を発表

■IBM、ブロックチェーン5大原則を発表
IBMが13日(現地時間)、ブロックチェーンを活用するための5つの原則を発表した。海外メディアによると、IBMは公式ブログを通じてブロックチェーンが本来の役割をするためには、△開放性△情報共有△信頼と協力△標準順守△個人情報保護の原則を守ることが何よりも重要だと強調した。

IBMは、「ブロックチェーンが主流の技術に発展するためには技術革新とともに、より透明で信頼できる環境作りとそれを維持することが必要だ」と説明した。

■「イーサリアム2.0、2年以内に1000倍に拡張するだろう」
イーサリアムの共同創設者のジョセフ・ルービン氏が次世代イーサリアムの見通しを示した。コインテレグラフによると、ルービン氏は「今後18〜24ヶ月内にイーサリアムの生態系が現在よりも1000倍に拡張するだろう」とし「その中心には、次世代イーサリアムである“イーサリアム2.0”が位置することになるだろう」と述べた。

また、イーサリアム2.0はイーサリアムトークンを既存のブロックチェーン領域から新たな領域に移動できる双方向構造をサポートするものであり、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)への綿密な研究が進められていると付け加えた。

■Bakkt、7月よりビットコイン先物取引をテストする計画
Bakkt(バックト)が7月初めよりビットコイン先物取引のテストを開始する計画だ。CCNによると、Bakktのケリー・レフラーCEOは「7月に開始する予定のBakkt先物取引のテストのために顧客社と協力している」と述べた。海外メディアはこういう動きについて、「ビットコイン先物取引の開始のための事前準備段階」とし「市場に期待感を与えている」と伝えている。

日本の仮想通貨市場が競争激化…楽天、ヤフー、ラインなど大手企業が主導
ビットコイン、8ヶ月ぶりに7000ドルを突破…確実な上げ相場?
ビットコイン、6000ドルを突破…またも今年最高値更新
世界最大取引所バイナンスでハッキング被害発生…約44億円規模のBTCが流出
ビットコインが5900ドル突破…今年最高値を更新

イーサリアムが急上昇…先物取引への期待感
バフェット氏「仮想通貨はスロットマシンのようなもの」
仮想通貨の分散投資、最適なコインは“リップル”
「テザー事態、市場に及ぼす影響は大きくない」

関連記事

ピックアップ記事

  1. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  2. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  3. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  4. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…
  5. ‐2018年1月以来の1万5000ドル超え‐コロナ禍に米大統領選の不確実性加わり‐大統領選不服によ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »