IBM、ブロックチェーン5大原則を発表

IBM、ブロックチェーン5大原則を発表

■IBM、ブロックチェーン5大原則を発表
IBMが13日(現地時間)、ブロックチェーンを活用するための5つの原則を発表した。海外メディアによると、IBMは公式ブログを通じてブロックチェーンが本来の役割をするためには、△開放性△情報共有△信頼と協力△標準順守△個人情報保護の原則を守ることが何よりも重要だと強調した。

IBMは、「ブロックチェーンが主流の技術に発展するためには技術革新とともに、より透明で信頼できる環境作りとそれを維持することが必要だ」と説明した。

■「イーサリアム2.0、2年以内に1000倍に拡張するだろう」
イーサリアムの共同創設者のジョセフ・ルービン氏が次世代イーサリアムの見通しを示した。コインテレグラフによると、ルービン氏は「今後18〜24ヶ月内にイーサリアムの生態系が現在よりも1000倍に拡張するだろう」とし「その中心には、次世代イーサリアムである“イーサリアム2.0”が位置することになるだろう」と述べた。

また、イーサリアム2.0はイーサリアムトークンを既存のブロックチェーン領域から新たな領域に移動できる双方向構造をサポートするものであり、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)への綿密な研究が進められていると付け加えた。

■Bakkt、7月よりビットコイン先物取引をテストする計画
Bakkt(バックト)が7月初めよりビットコイン先物取引のテストを開始する計画だ。CCNによると、Bakktのケリー・レフラーCEOは「7月に開始する予定のBakkt先物取引のテストのために顧客社と協力している」と述べた。海外メディアはこういう動きについて、「ビットコイン先物取引の開始のための事前準備段階」とし「市場に期待感を与えている」と伝えている。

日本の仮想通貨市場が競争激化…楽天、ヤフー、ラインなど大手企業が主導
ビットコイン、8ヶ月ぶりに7000ドルを突破…確実な上げ相場?
ビットコイン、6000ドルを突破…またも今年最高値更新
世界最大取引所バイナンスでハッキング被害発生…約44億円規模のBTCが流出
ビットコインが5900ドル突破…今年最高値を更新

イーサリアムが急上昇…先物取引への期待感
バフェット氏「仮想通貨はスロットマシンのようなもの」
仮想通貨の分散投資、最適なコインは“リップル”
「テザー事態、市場に及ぼす影響は大きくない」

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
  2. 米国内でマリファナ(大麻)を吸う人がタバコ喫煙者より多くなったという結果が発表された。 米国の放送C…
  3. F.ableが特別なライブ公演を企画した。 F.ableの所属事務所は最近「F.able3rdSin…
  4. 駐神戸大韓民国総領事館は、「2022神戸K-POPソング&ダンスコンテスト」を開催します。 K-Po…
  5. 製紙や化粧品などを流通する「SUNOCS(サンオクス、代表:太川玉緒)」は、6月9日〜10日にインテ…
ページ上部へ戻る
Translate »