“ビットコインは安全資産”認識が拡散

“ビットコインは安全資産”認識が拡散

■ビットコイン、グローバルの安全資産になるのか
仮想通貨市場の活況について様々な分析が出ている中、ビットコインが“グローバル安全資産”の役割を果たすとの期待感が拡大し、最近のビットコイン急上昇の原動力になっているとの分析が説得力を増している。

CNBC など海外メディアは、最近ビットコインについて株式のような既存の投資資産とは異なるとの認識が広がり始めたと報じている。特に米中貿易紛争の長期化の影響で、安全な投資先を探す心理が仮想通貨市場に反映されていると分析しだ。

またブロックチェーンのデータ分析機関ブロックデータは、ビットコイン先物取引プラットフォームのBakktが正式なサービス開始を予告したことが急上昇の発端になったと説明している。

■米SEC、ビットコインETFの承認を再び延期
米国証券取引委員会(SEC)がビットコインETFの承認決定をもう一度延期した。SECは14日(現地時間)、ビットワイズが申請したビットコインETFの承認決定を延期すると発表した。

SECはビットワイズのビットコインETFの申請件について、2月から現在まで承認するかどうかを決定していない。SECは、最長240日まで承認審査期間を延長することができる。

IBM、ブロックチェーン5大原則を発表
日本の仮想通貨市場が競争激化…楽天、ヤフー、ラインなど大手企業が主導
ビットコイン、8ヶ月ぶりに7000ドルを突破…確実な上げ相場?
ビットコイン、6000ドルを突破…またも今年最高値更新
世界最大取引所バイナンスでハッキング被害発生…約44億円規模のBTCが流出
ビットコインが5900ドル突破…今年最高値を更新

イーサリアムが急上昇…先物取引への期待感
バフェット氏「仮想通貨はスロットマシンのようなもの」
仮想通貨の分散投資、最適なコインは“リップル”

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
  2. 米国内でマリファナ(大麻)を吸う人がタバコ喫煙者より多くなったという結果が発表された。 米国の放送C…
  3. F.ableが特別なライブ公演を企画した。 F.ableの所属事務所は最近「F.able3rdSin…
  4. 駐神戸大韓民国総領事館は、「2022神戸K-POPソング&ダンスコンテスト」を開催します。 K-Po…
  5. 製紙や化粧品などを流通する「SUNOCS(サンオクス、代表:太川玉緒)」は、6月9日〜10日にインテ…
ページ上部へ戻る
Translate »