IMF専務理事「中央銀行、デジタル通貨発行を準備するとき」

IMF専務理事「中央銀行、デジタル通貨発行を準備するとき」

■国際通貨基金のラガルド氏「中央銀行はデジタル通貨発行を検討すべき」
国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は11日、各国の中央銀行に対し「デジタル通貨の発行を検討する時期が来た」と助言した。

ラガルド氏は同日、米国・ワシントンで開かれた行事に参席し、「世界各国の現金の使用量が減少している」とし「現金がクレジットカードやスマートフォンなどのデジタル決済手段に入れ替わっている」と述べた。特に仮想通貨の登場に注目し、「各国の中央銀行がデジタル通貨(CBDC)発行を積極的に検討する時がきた」を強調した。

IMFは最近、2024年頃には仮想通貨が現金とクレジットカードを超え、主要決済手段になるとの調査結果を発表している。

コインベース、英国で仮想通貨デビットカード披露…BTC、XRP、ETHなど

■コインベース、英国で仮想通貨デビットカード披露…BTC、XRP、ETHなど
仮想通貨取引所大手のコインベースが仮想通貨デビットカードのサービスをスタートした。11日(現地時間)コインデスクなど海外メディアによると、コインベースはビザカードと提携し、仮想通貨で決済が可能なデビットカード「Coinbase Card」を披露。ビットコイン、イーサリアム、リップルなど11の仮想通貨で決済が可能で、オンラインとオフライン、ATMまで対応できるようになっている。

コインベース側は「まずは英国市場を対象にリリースしたが、今後ヨーロッパ内の多数の国を対象にサービスを拡大する計画だ」と明らかにした。

ビットコインが5300ドル突破…次の抵抗線は7000ドル
中国のマイニング禁止措置、ビットコインには好材料?
中国政府、仮想通貨マイニングを「淘汰産業」に指定…退出の動き
[ファクトチェック] 東京都では、仮想通貨でレンタサイクルが利用可能?
トロン(TRX)とイーサリアム(ETH)が提携?
「ビットコイン(BTC)よりリップル(XRP)」
スターバックス、真の目的はビットコイン銀行
ビットコイン、急上昇の理由は「大規模アルゴリズム取引」

ビットコイン、再び5000ドル突破…BCHは60%高
ビットコインの急上昇、理由は偽ニュースのお陰?
ビットコインが今年最高値…再び4200ドル台に上るか

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…
  2. 新型コロナウイルスの発生を最初に告発したものの、逆に中国政府の弾圧を受ける事になってしまった李文亮医…
  3. ビットコインは強力的な抵抗線である1万ドルを突破した。ビットコインが1万ドル台に進入したのは昨年11…
  4. 「ウクライナ・スキャンダル」から始まったドナルド・トランプ米国大統領に対する弾劾案が現地時間5日、米…
  5. 非核化に関する北朝鮮の新たな動きや姿勢の変化が無ければ、現在の米朝関係の冷え込みは暫くの間、続くとみ…

おすすめ記事

  1. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  2. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  3. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  4. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  5. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
ページ上部へ戻る
Translate »