ビットコイン、急上昇の理由は「大規模アルゴリズム取引」

■ビットコイン、上昇の理由は「大規模アルゴリズム取引」
仮想通貨市場が3日連続で強気を見せている背景には、高度化された自動取引であるアルゴリズムがあるとの意見が出された。

海外メディアによると、2018年下半期に組成されたアルゴリズム取引をベースにした17件の大規模ファンドが、今月2日に1億ドルほどの取引を起こし、市場に活気を吹き込んだという。ブルームバーグは、高度化されたアルゴリズム取引が仮想通貨市場に肯定的な影響を与えると予想している。

一方、コインマーケットキャップによると、仮想通貨全体の時価総額が4日に1815億ドルを突破した。今年に入って最も増えた規模だ。

■「ビットコイン、10年以内にビザ・マスターカードを超える」
代表的な仮想通貨ビットコインが10年後にビザカードとマスターカードを超え、世界的規模の決済システムになるという見通しが出た。

市場調査機関であるデータライトは3日、独自のレポートを発表し、「ビットコインは、過去10年の間に世界的な規模の支払いシステムに成長した」と分析した。また「送金速度と平均送金額でビットコインの優位性が明らかになっており、爆発的に増える普及率を考慮すると、今後10年以内にビザとマスターカードを超えて主要な支払い手段として位置づけられるとみられる」と展望した。

■SEC、「ICOによるトークンは証券ではない」
米国証券取引委員会(SEC)はICO(新規仮想通貨公開)によるトークンを証券に認めることはできないという内容を盛り込んだ公開書簡を発表した。3日(現地時間)にコインテレグラフなどの海外メディアが伝えた。

SECは公開書簡で「トークンは、特定のプラットフォームの範囲で開発・運営されている。また潜在的な収益を目的に市場で流通しているものではないため、有価証券として見なすことができない」と説明した。

SECのジェイ・クレイトン委員長も最近、「イーサリアムは有価証券ではない」との発言をした。

ビットコイン、再び5000ドル突破…BCHは60%高
ビットコインの急上昇、理由は偽ニュースのお陰?
ビットコインが今年最高値…再び4200ドル台に上るか
世界銀行、「リップルが国際送金市場を変える」
米SEC、ビットコインETFの承認可否をまたも延期
韓国最大手ビッサムで15億円盗難事件発生… 内部犯の可能性
アップルの参戦はいつ…「アップルコインはフェイスブックコインを飛び越える」
マイニング最大手BitMain、新規株式公開が挫折
ビットコイン、再び4000ドル割り込む
ヤフージャパン、仮想通貨取引所事業へ進出
ビットメックスのCEO「ビットコインは年内1万ドルに行く」
ビットコインの市場支配力が低下…アルトコインが浮上

関連記事

ピックアップ記事

  1. インドネシアのスマトラ島のアチェ特別自治州で、不倫などの疑いで公開むち打ち刑を受けた男性と女性が刑…
  2. 2019年に最も大幅の上昇を見せた仮想通貨はバイナンスコイン(BNB)であることが分かった。8日(現…
  3. 韓国政府は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のような仮想通貨の取引収入に対する課税案作…
  4. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  5. 写真はBTSのオフィシャルSNSから BTS(防弾少年団)が披露する新しい複合体験空間「BT…

おすすめ記事

  1. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  2. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  3. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  4. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  5. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
ページ上部へ戻る