「ビットコイン100万円時代」の再到来、原動力は米ウォール街と中国投資家

「ビットコイン100万円時代」の再到来、原動力は米ウォール街と中国投資家

米国と中国の投資家らがビットコイン市場に殺到している。米国では、ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社であるICE(インターコンチネンタル・エクスチェンジ)が独自の仮想通貨取引・決済プラットフォームの「Bakkt」を通じたビットコイン先物商品の発売を予告しており、ウォール街の大物投資家らがビットコインを仕入れているとの観測が提起された。一方、中国では人民元安が最近持続している影響で、現地の投資家が店頭取引(OTC)などを介してビットコインを大量に買い、仮想通貨市場の強気相場を率いていると分析されている。

ブロックチェーンと仮想通貨業界、伝統金融機関の専門家らはG2である米国と中国のこのような投資の流れについて、「ビットコインが代替資産となっていることを意味する」と分析している。つまり、ビットコインが価値保存型の資産である「デジタルの金」に進化しているというのが業界の見解だ。

15日、関連業界によると、Bakktが現地機関投資家を仮想通貨市場に誘引する触媒の役割をしている。米国金融界のピラミッドの頂上にあるICEが、現金(ドル)の代わりに、ビットコインの先物商品の発売を予告したことで、ウォール街の関心を集めていると分析されている。また、基軸通貨(ドル)の力で世界経済を左右していた米政府も、仮想通貨を「デジタル資産(Digital Asset)」と定義し、制度的裏付けを着々と進めているという。こういう動きが仮想通貨市場の強気相場の背景になっている。

米国との貿易摩擦で苦しんでいる中国の投資家らも再び仮想通貨市場に熱い視線を送っている。いわゆる「アゲイン2017」で、業界の専門家らは「中国の人民元安が中国の大口投資家らのビットコイン買いを率いている」と分析した。過去2017年2月と9月にも人民元安局面の影響で、中国の投資家らが店頭取引で大量にビットコインを買収していた。これに支えらえ、ビットコインは同年史上最高値を記録した。

ある専門家は、「中国で店頭取引の割合が高くなると、ビットコインの価格も一緒に上昇する傾向を見せる」とし「米中貿易摩擦が深刻化し、人民元の価値が落ちると、中国現地の投資家らはOTCなどを通じてビットコインを購入する。今回の急騰もこうような動きが原因の一つ」と分析した。

“ビットコインは安全資産”認識が拡散
IBM、ブロックチェーン5大原則を発表
日本の仮想通貨市場が競争激化…楽天、ヤフー、ラインなど大手企業が主導
ビットコイン、8ヶ月ぶりに7000ドルを突破…確実な上げ相場?
ビットコイン、6000ドルを突破…またも今年最高値更新
世界最大取引所バイナンスでハッキング被害発生…約44億円規模のBTCが流出
ビットコインが5900ドル突破…今年最高値を更新

イーサリアムが急上昇…先物取引への期待感
バフェット氏「仮想通貨はスロットマシンのようなもの」
仮想通貨の分散投資、最適なコインは“リップル”

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国が香港の国家保安法を制定し、米国がこれに対する制裁の動きを見せている事で、世界経済にも「危険信号…
  2. 韓国政府が再び防疫措置を強化することを発表した。新型コロナウイリスの感染拡大をいち早く封じ防疫の手本…
  3. 韓国銀行は28日、金融通貨委員会で政策金利を引き下げた。これは韓国経済の成長鈍化に対する憂慮が高まっ…
  4. 10億ドル以上の仮想通貨を保有する、「クジラ」と呼ばれる大口投資家らが最近、ビットコインを買い集めて…
  5. 3月23日にトレーダー2人が新型コロナウイルスの陽性判定を受け、立会場を全面閉鎖したニューヨーク証券…

おすすめ記事

  1. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  2. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  3. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  4. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
  5. 韓国の産業通商資源部は12日、日本の対韓国輸出規制強化措置について「我々は日本が提起した事由を全て解…
ページ上部へ戻る
Translate »