ビットコインの創設者「サトシ・ナカモトは誰?」…BSVが急騰

ビットコインの創設者「サトシ・ナカモトは誰?」…BSVが急騰

米国著作権庁が21日、自称サトシ・ナカモトのクレイグ・ライト氏が申請したビットコインのホワイトペーパーの著者権登録を認め、登録証を発行したことが分かった。市場ではライト氏をビットコインの創設者「サトシ・ナカモト」として著作権庁が認めたことなのかなど、今回の決定について議論が巻き起こっている。

コインデスクなど海外メディアは「著作権庁の登録証発行は一つの登録手続きであるだけで、それ自体が所有権を意味するものではない」とし「真偽はネット上ではなく、法廷で明らかになるだろう」との意見を出している。

その一方、ライト氏が主導する仮想通貨ビットコインSVは、サトシ・ナカモトをめぐる論争以降急上昇し、22日午前10時時点では約60%高の100ドル前後で取引されている。

米SEC、ビットコインETFの承認判断をまた延期
ビットコイン、再び8000ドル回復…「次は1万ドル以上に上昇する」
米大統領候補、「ブロックチェーンは米国の未来」

「仮想通貨市場は好況期…ビットコイン10万ドルを超えるだろう」
「ビットコイン100万円時代」の再到来、原動力は米ウォール街と中国投資家
“ビットコインは安全資産”認識が拡散
IBM、ブロックチェーン5大原則を発表
日本の仮想通貨市場が競争激化…楽天、ヤフー、ラインなど大手企業が主導
ビットコイン、8ヶ月ぶりに7000ドルを突破…確実な上げ相場?
ビットコイン、6000ドルを突破…またも今年最高値更新

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  2. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  3. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…
  4. ‐2018年1月以来の1万5000ドル超え‐コロナ禍に米大統領選の不確実性加わり‐大統領選不服によ…
  5. 写真はトランプ氏のツイッタ 大統領選主要地域での勝利、不正開票などを主張したドナルド・トランプ米国…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »