専門家らが挙げた“ビットコイン上昇”の原動力は?

専門家らが挙げた“ビットコイン上昇”の原動力は?

代表的な仮想通貨であるビットコインの価額が最近上昇を続けている。下落傾向の強かったビットコインは今年4月に上昇を始め、5月には8000ドル台を回復してさらなるラリーを準備するような強い動きを見せている。27日はついに8800ドルまで上昇した。8800台にのぼったのは昨年5月以降初めて。

業界の専門家らはビットコイン上昇の原動力として、安全資産であるという評価を受け始めた点や、大企業の相次ぐブロックチェーン事業への進出など挙げている。

■ビットコイン、安全資産として認め始める業界
関連業界では、Facebookやスターバックス、サムスン電子など世界的な企業のブロックチェーン事業本格化と機関投資家の積極的な歩みに注目している。

コインワン・リサーチセンターのゴン・テイン センター長は「過去1〜2年にうわさだけされて、外部に現れる動きが少なかったフェイスブック、テレグラム、カカオ、ティモンズなど国内外の大手IT企業がブロックチェーン事業を具体化している。それが市場に肯定的な影響を与えている」と分析した。

また「Bakkt取引所の承認と証券会社の世界的大手であるフィデリティの仮想通貨への積極的な歩みなど、相次いでいる金融会社の仮想通貨市場参入も最近の仮想通貨上昇に影響を与えたと考えられる」と強調した。

なお、米中貿易戦争による国際経済の混乱もビットコイン価格に影響を及ぼしているとの意見も聞こえる。専門家らは既存の伝統的な資産への投資よりもビットコイン投資がより安全だという認識が広がっていると分析している。

仮想通貨市場に続く追い風、ビットコイン8800ドル突破
米AT&T、通信料金を仮想通貨で支払い可能に
ビットコインの創設者「サトシ・ナカモトは誰?」…BSVが急騰
米SEC、ビットコインETFの承認判断をまた延期
ビットコイン、再び8000ドル回復…「次は1万ドル以上に上昇する」
米大統領候補、「ブロックチェーンは米国の未来」

「仮想通貨市場は好況期…ビットコイン10万ドルを超えるだろう」
「ビットコイン100万円時代」の再到来、原動力は米ウォール街と中国投資家
“ビットコインは安全資産”認識が拡散

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »