米AT&T、通信料金を仮想通貨で支払い可能に

米AT&T、通信料金を仮想通貨で支払い可能に

■AT&T、通信料金の支払いに仮想通貨支援
米国の大手通信会社AT&Tが通信料金の支払いに仮想通貨の利用を支援する。AT&Tは23日(現地時間)、仮想通貨決済サービスであるビットペイを介して仮想通貨の通信料金決済をサポートすると発表した。

AT&T側は「仮想通貨を保有している顧客が、希望する手段で料金を支払いする方法を提供することになった」とし「仮想通貨決済をサポートする最初の米通信キャリアになった」と述べた。

電話を発明したグラハム・ベルが設立したAT&Tは世界通信市場1位で、米国内では市場シェア2位の通信キャリアだ。

■トヨタと東大、ブロックチェーン基盤の電力取引システム開発
トヨタ自動車が東京大学研究チームと一緒にブロックチェーン基盤の電力取引システムの開発に乗り出した。トヨタと東大は6月17日からブロックチェーン基盤のP2P電力取引システムの試験運用に入る。試験運行は1年間持続する予定。

トヨタは「電気自動車の普及の増加など、増える電力需要に対応する効率的な電力網運営開発が目標」とし「既存の中央統合システムからブロックチェーンの技術を活用した分散システムへと進化している」と述べた。

■米著作権庁、“サトシ・ナカモト認定説”を否定
ビットコインの創始者とされている“サトシ・ナカモト”の正体をめぐる論争が激しくなるなか、米著作権庁が公式見解を明らかにした。

著作権庁は「クレイグ・ライト氏への著作権登録証の発行は、登録の可否を確認しただけで、著作権の事実関係を証明したわけではない」と述べた。つまり、“サトシ・ナカモトはライト氏だ”を著作権庁が認めたことではないとの立場で、“サトシ・ナカモト”の正体をめぐる論争は今後も続くとみられる。

ビットコインの創設者「サトシ・ナカモトは誰?」…BSVが急騰
米SEC、ビットコインETFの承認判断をまた延期
ビットコイン、再び8000ドル回復…「次は1万ドル以上に上昇する」
米大統領候補、「ブロックチェーンは米国の未来」

「仮想通貨市場は好況期…ビットコイン10万ドルを超えるだろう」
「ビットコイン100万円時代」の再到来、原動力は米ウォール街と中国投資家
“ビットコインは安全資産”認識が拡散
IBM、ブロックチェーン5大原則を発表
日本の仮想通貨市場が競争激化…楽天、ヤフー、ラインなど大手企業が主導
ビットコイン、8ヶ月ぶりに7000ドルを突破…確実な上げ相場?

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −24時間で約100万円下落−ビットコインの変動性に対する憂慮発言相次ぐ ビットコイン(BTC)が…
  3. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  4. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  5. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…

おすすめ記事

  1. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  2. 養子となって僅か10ヶ月、養父母による虐待で死亡したジョンインちゃん(養子縁組後の名前:アン・ユル…
  3. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  4. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
  5. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
ページ上部へ戻る
Translate »