米AT&T、通信料金を仮想通貨で支払い可能に

米AT&T、通信料金を仮想通貨で支払い可能に

■AT&T、通信料金の支払いに仮想通貨支援
米国の大手通信会社AT&Tが通信料金の支払いに仮想通貨の利用を支援する。AT&Tは23日(現地時間)、仮想通貨決済サービスであるビットペイを介して仮想通貨の通信料金決済をサポートすると発表した。

AT&T側は「仮想通貨を保有している顧客が、希望する手段で料金を支払いする方法を提供することになった」とし「仮想通貨決済をサポートする最初の米通信キャリアになった」と述べた。

電話を発明したグラハム・ベルが設立したAT&Tは世界通信市場1位で、米国内では市場シェア2位の通信キャリアだ。

■トヨタと東大、ブロックチェーン基盤の電力取引システム開発
トヨタ自動車が東京大学研究チームと一緒にブロックチェーン基盤の電力取引システムの開発に乗り出した。トヨタと東大は6月17日からブロックチェーン基盤のP2P電力取引システムの試験運用に入る。試験運行は1年間持続する予定。

トヨタは「電気自動車の普及の増加など、増える電力需要に対応する効率的な電力網運営開発が目標」とし「既存の中央統合システムからブロックチェーンの技術を活用した分散システムへと進化している」と述べた。

■米著作権庁、“サトシ・ナカモト認定説”を否定
ビットコインの創始者とされている“サトシ・ナカモト”の正体をめぐる論争が激しくなるなか、米著作権庁が公式見解を明らかにした。

著作権庁は「クレイグ・ライト氏への著作権登録証の発行は、登録の可否を確認しただけで、著作権の事実関係を証明したわけではない」と述べた。つまり、“サトシ・ナカモトはライト氏だ”を著作権庁が認めたことではないとの立場で、“サトシ・ナカモト”の正体をめぐる論争は今後も続くとみられる。

ビットコインの創設者「サトシ・ナカモトは誰?」…BSVが急騰
米SEC、ビットコインETFの承認判断をまた延期
ビットコイン、再び8000ドル回復…「次は1万ドル以上に上昇する」
米大統領候補、「ブロックチェーンは米国の未来」

「仮想通貨市場は好況期…ビットコイン10万ドルを超えるだろう」
「ビットコイン100万円時代」の再到来、原動力は米ウォール街と中国投資家
“ビットコインは安全資産”認識が拡散
IBM、ブロックチェーン5大原則を発表
日本の仮想通貨市場が競争激化…楽天、ヤフー、ラインなど大手企業が主導
ビットコイン、8ヶ月ぶりに7000ドルを突破…確実な上げ相場?

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  2. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  3. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  4. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…
  5. ビットコイン(BTC)が1日で700ドルも急落した。特に今回の急落の背景として、韓国最大の仮想資産取…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »