ビットコインの著作権者がまたも登場

ビットコインの著作権者がまたも登場

■ビットコインのホワイトペーパー著作権者がまたも登場
仮想通貨「ビットコイン」の発明者“サトシナカモト”を名乗る人物がまた登場した。同人物がビットコインのホワイトペーパーの著作権を申請したことがわかった。同著作権を申請したのは仮想通貨ビットコインSVを主導するクレイグ・ライト氏に続き2番目だ。

主人公は、仮想通貨取引所Biboxの元幹部であり、現在は仮想通貨ファンドを運営している中国出身の実業家ウェイ・リウ(Wei Liu)氏。彼は5月24日に米著作権庁にビットコインのホワイトペーパーの著作権を申請した。

リウ氏は、「著作権登録は誰でも申請できる。技術的に何の意味もない」とし「“サトシナカモト”を自称するライト氏の主張がどれだけ荒唐無稽なのかを証明したかった」と明らかにした。

■「ビットコインの浮上は、米中貿易紛争の影響」
最近のビットコイン上昇に対してさまざまな理由が挙げられている中、米中貿易紛争による安全資産への関心増加が主な原因だという分析が出た。

フォーブスによると、世界の投資家らはリスクを減らすことができる、安全資産の確保に関心を示している。特に米国と中国の貿易摩擦で、中国の投資資産が新しい投資先を探しており、その突破口としてビットコインのような仮想通貨が注目を集めているという。フォーブスは、米中貿易摩擦が長くなるほど、仮想通貨市場が利益を得ると予想した。

ビットコインSVの急騰、理由はフェイクニュース?
ビットコインの急上昇、「投資家の焦りと恐怖心理が原因」
著名な専門家“BTC 3万ドル”予測…3つの理由は?
「スペースX、仮想通貨を発行せよ」=ノボグラーツ氏
専門家らが挙げた“ビットコイン上昇”の原動力は?
仮想通貨市場に続く追い風、ビットコイン8800ドル突破
米AT&T、通信料金を仮想通貨で支払い可能に
ビットコインの創設者「サトシ・ナカモトは誰?」…BSVが急騰
米SEC、ビットコインETFの承認判断をまた延期
ビットコイン、再び8000ドル回復…「次は1万ドル以上に上昇する」

関連記事

ピックアップ記事

  1. - コロナ渦の中でも輸出の道を積極開拓- 現地大型流通網、SNS品評会、ユーチューバーを活用した輸…
  2. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  3. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  4. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  5. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »