ビットコインの著作権者がまたも登場

ビットコインの著作権者がまたも登場

■ビットコインのホワイトペーパー著作権者がまたも登場
仮想通貨「ビットコイン」の発明者“サトシナカモト”を名乗る人物がまた登場した。同人物がビットコインのホワイトペーパーの著作権を申請したことがわかった。同著作権を申請したのは仮想通貨ビットコインSVを主導するクレイグ・ライト氏に続き2番目だ。

主人公は、仮想通貨取引所Biboxの元幹部であり、現在は仮想通貨ファンドを運営している中国出身の実業家ウェイ・リウ(Wei Liu)氏。彼は5月24日に米著作権庁にビットコインのホワイトペーパーの著作権を申請した。

リウ氏は、「著作権登録は誰でも申請できる。技術的に何の意味もない」とし「“サトシナカモト”を自称するライト氏の主張がどれだけ荒唐無稽なのかを証明したかった」と明らかにした。

■「ビットコインの浮上は、米中貿易紛争の影響」
最近のビットコイン上昇に対してさまざまな理由が挙げられている中、米中貿易紛争による安全資産への関心増加が主な原因だという分析が出た。

フォーブスによると、世界の投資家らはリスクを減らすことができる、安全資産の確保に関心を示している。特に米国と中国の貿易摩擦で、中国の投資資産が新しい投資先を探しており、その突破口としてビットコインのような仮想通貨が注目を集めているという。フォーブスは、米中貿易摩擦が長くなるほど、仮想通貨市場が利益を得ると予想した。

ビットコインSVの急騰、理由はフェイクニュース?
ビットコインの急上昇、「投資家の焦りと恐怖心理が原因」
著名な専門家“BTC 3万ドル”予測…3つの理由は?
「スペースX、仮想通貨を発行せよ」=ノボグラーツ氏
専門家らが挙げた“ビットコイン上昇”の原動力は?
仮想通貨市場に続く追い風、ビットコイン8800ドル突破
米AT&T、通信料金を仮想通貨で支払い可能に
ビットコインの創設者「サトシ・ナカモトは誰?」…BSVが急騰
米SEC、ビットコインETFの承認判断をまた延期
ビットコイン、再び8000ドル回復…「次は1万ドル以上に上昇する」

関連記事

ピックアップ記事

  1. 先月27日、UPbitから流出した580億ウォン(約53億円)相当の仮想通貨が事件発生後の2週間で1…
  2. 「逃亡犯条例」改定案への反対で始まった「香港デモ」の参加者らが、米時事週刊誌タイムの読者が選んだ「今…
  3. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  4. 株式会社「帝美」は12月10日、東京・目黒に位置する雅叙園で開催された、会員数1000人を超える年商…
  5. ナイキが「ブロックチェーン・スニーカー」の特許を出願した。 10日(現地時間)、ザ・ブロック…

おすすめ記事

  1. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  2. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  3. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  4. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  5. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
ページ上部へ戻る