ビットコインの著作権者がまたも登場

ビットコインの著作権者がまたも登場

■ビットコインのホワイトペーパー著作権者がまたも登場
仮想通貨「ビットコイン」の発明者“サトシナカモト”を名乗る人物がまた登場した。同人物がビットコインのホワイトペーパーの著作権を申請したことがわかった。同著作権を申請したのは仮想通貨ビットコインSVを主導するクレイグ・ライト氏に続き2番目だ。

主人公は、仮想通貨取引所Biboxの元幹部であり、現在は仮想通貨ファンドを運営している中国出身の実業家ウェイ・リウ(Wei Liu)氏。彼は5月24日に米著作権庁にビットコインのホワイトペーパーの著作権を申請した。

リウ氏は、「著作権登録は誰でも申請できる。技術的に何の意味もない」とし「“サトシナカモト”を自称するライト氏の主張がどれだけ荒唐無稽なのかを証明したかった」と明らかにした。

■「ビットコインの浮上は、米中貿易紛争の影響」
最近のビットコイン上昇に対してさまざまな理由が挙げられている中、米中貿易紛争による安全資産への関心増加が主な原因だという分析が出た。

フォーブスによると、世界の投資家らはリスクを減らすことができる、安全資産の確保に関心を示している。特に米国と中国の貿易摩擦で、中国の投資資産が新しい投資先を探しており、その突破口としてビットコインのような仮想通貨が注目を集めているという。フォーブスは、米中貿易摩擦が長くなるほど、仮想通貨市場が利益を得ると予想した。

ビットコインSVの急騰、理由はフェイクニュース?
ビットコインの急上昇、「投資家の焦りと恐怖心理が原因」
著名な専門家“BTC 3万ドル”予測…3つの理由は?
「スペースX、仮想通貨を発行せよ」=ノボグラーツ氏
専門家らが挙げた“ビットコイン上昇”の原動力は?
仮想通貨市場に続く追い風、ビットコイン8800ドル突破
米AT&T、通信料金を仮想通貨で支払い可能に
ビットコインの創設者「サトシ・ナカモトは誰?」…BSVが急騰
米SEC、ビットコインETFの承認判断をまた延期
ビットコイン、再び8000ドル回復…「次は1万ドル以上に上昇する」

関連記事

ピックアップ記事

  1. トランプ大統領の訪韓が確定されたことで、両首脳が南北の非武装地帯(DMZ)を視察する可能性も浮上して…
  2. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領からの親書を受け取ったと、北朝鮮の官営メディ…
  3. ポンペオ氏「北朝鮮と交渉再開する準備できている」 米国は北朝鮮との交渉に臨む準備ができている…
  4. ビットコインが先週末の22日、1年ぶりに再び1万ドルを突破した。コインマーケットキャップによると、ビ…
  5. トランプ米大統領が20日(現地時間)、イラン攻撃を指示したが、突然命令を撤回したことが分かった。米メ…

おすすめ記事

  1. 2019-6-21

    トランプ氏がイラン攻撃を承認?…米メディア「意見の分かれで命令撤回」

    トランプ米大統領が20日(現地時間)、イラン攻撃を指示したが、突然命令を撤回したことが分かった。米メ…
  2. 2019-6-19

    韓国外交部、「日韓企業からの拠出金で徴用工に被害補償」

    韓国外交部は19日、徴用工判決問題と関連し、日本と韓国の企業が参加する基金を造成し、徴用工の被害に補…
  3. 2019-6-15

    [ワールドレポート] メイ首相の涙とイギリスの先行き

    イギリスのテリーザ・メイ首相が今月7日、首相と与党党首から辞任した。2016年6月、国民投票でブレグ…
  4. 2019-6-13

    香港が米中摩擦の新たな火種になるか?

    香港が「犯罪人引き渡し法案」問題で大きく揺れ動いている。法案に反対する香港市民らが大規模デモを行い中…
  5. 2019-6-12

    日朝が平壌で「水面下の調整」…7月平壌で首脳会談か?

    安倍晋三総理の平壌訪問に向け、日本政府の次官級官僚が最近、北朝鮮を訪問した事が分かった。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る