仮想通貨批判のバフェット氏、Tron創業者と昼食会…5億円で落札

仮想通貨批判のバフェット氏、Tron創業者と昼食会…5億円で落札

仮想通貨に対し「殺鼠剤 」や「ギャンブルの道具」などと強く批判していたウォーレン・バフェット氏が、仮想通貨企業の創業者とランチを共にする事となった。これは、今年で20年目を迎えるチャリティー・オークション「バフェットとの昼食会」を、仮想通貨企業の創業者が約5億円で落札した事によるもの。

仮想通貨企業トロン(Tron)の創業者で28歳の中国人ジャスティン・ソン氏は4日、自身のツイッターを通じ、「バフェットとの昼食会」を落札したのは自分である事を明かした。ソン氏はこのチャリティー・オークション史上最高額となる457万ドル(約5億円)を支払った。

同氏は「バフェット氏とのランチに、ブロックチェーンの専門家らを招待するつもり」と、「全ての人にとって、助けとなる事を期待している」と伝えた。

また海外メディアなどに対し、「バフェット氏に、ブロックチェーンの可能性について話すつもり」だと、「相互理解と知識伝授の機会になるだろう」と話した。更に、経営と未来のための果敢な投資について、バフェット氏の助言を求める計画だとも話している。

米国ペンシルバニア大学で修士号を取得したソン氏は、2017年にトロンを創業し、初期仮想通貨公開を経て7000万ドルを得た事で知られている。昨年には米国サンフランシスコに本社を置く、ビットトレント(BitTorrent)を1億2000万ドルで買収している。

バフェット氏は、「ソン氏がオークションで勝利した。彼と彼の友人に会う事を待ち望んでいる」と、「私達は良い時間を過ごすだろう。(無料配給所)グライドは、彼の貢献を数千人の人々を助ける事に使う」と自身の立場を表した。

バフェット氏は2000年から毎年1回ずつ、自身とランチを共にする機会をオークションに出品している。最終落札者は、ニューヨークのあるレストランで、最大7人の同伴者を連れ、バフェット氏とランチを共に出来る。

バフェット氏は現在まで、総20回の「バフェットとの昼食会」を通じ、3420万ドルを集め、これをサンフランシスコにあるホームレスのための無料配給所「グライド」に寄付している。

翻訳︰水野卓

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の徐虎(ソ・ホ)統一部次官は16日、慶応大学で開催された「朝鮮半島国際平和フォーラム」に出席し、…
  2. 懸念の声が高まっているフェイスブックの独自の仮想通貨「リブラ」が、米国の安保上の問題にまで浮上してい…
  3. 日本による輸出規制措置に対し、韓国政府がWTO(世界貿易機構)を中心とした「国際世論戦」と「WTO提…
  4. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  5. 通称「カブトムシ」で広く知られている、独フォルクスワーゲン(VW)の小型車「ビートル(Beetle)…

おすすめ記事

  1. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  2. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  3. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  4. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
  5. 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8日、日本政府の「輸出規制」の撤回を要求した。…
ページ上部へ戻る