楽観論広がる仮想通貨市場、「ビットコインは年内に2万ドル突破」

楽観論広がる仮想通貨市場、「ビットコインは年内に2万ドル突破」

■年内にビットコインが2万ドル再突破?
ビットコインの価格が1万ドルを再突破したことで、仮想通貨市場に楽観論が急速に広がっている。

AMBクリプトによると、米仮想通貨投資ファンド、モルガン・クリーク・デジタルの創業者であるアンソニー・ポンプリアーノ氏は24日(現地時間)、2021年までにビットコインの価額が10万ドル、時価総額は2兆ドルに達するとの見通しを伝えた。

また人気ポッドキャスト「ビットコイン・ナリッジ」の司会者トレース・メイヤー氏は、「ビットコインが年内に2万1000ドルまで上がるだろう」と展望するなど、仮想通貨楽観主義者の発言が相次ぎ投資家の注目を集めている。

■BISの警告、「Facebookのリブラは金融網に潜在的な脅威」
コインテレグラフによると、国際決済銀行(BIS)は24日(現地時間)、フェイスブックの独自仮想通貨「リブラ」への懸念を表明した。

BISは、年次報告書を通じて、「巨大テクノロジー企業が主導する仮想通貨によって、国際金融市場の安定性とバランスが崩れる可能性がある」と潜在的な脅威について警告した。また「従前の規制政策では新しいデジタル資産を制御することができない」とし「技術と金融、データを包括する新たな規制案と各国の政策協調が必要だ」と強調した。

ビットコインが再び1万ドル時代に…大きくなる2万ドルへの期待感
Amazon、「仮想通貨は投機資産…事業計画はない」
仮想通貨Libraの競争相手は…「銀行」
フェイスブック、独自の仮想通貨「リブラ(Libra)」公開…グローバル規制問題が浮上
「仮想通貨取引所の平均寿命は18ヶ月」
フェイスブックの仮想通貨プロジェクト…超大型パートナーシップ公開
Bakkt、7月よりビットコイン先物のテスト開始
ライトコインが“アルトコイン強者”に… 今年に入って4倍上昇
フェイスブック、18日に仮想通貨発行か?
クレイグ・ライト氏は本当に「サトシ・ナカモト」なのか?

関連記事

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイリスの世界的大流行(ファンデミク)が5ヶ月以上続いているなか、全世界の感染者数が600…
  2. 民間宇宙旅行時代の幕が上がった。米国の宇宙企業スペースXが現地時間5月30日に初の有人宇宙船発射に成…
  3. 米国電気自動車メーカー「テスラ」の最高経営責任者(CEO)イーロン・マスク氏が800億円を超える成果…
  4. 中国が香港の国家保安法を制定し、米国がこれに対する制裁の動きを見せている事で、世界経済にも「危険信号…
  5. 韓国政府が再び防疫措置を強化することを発表した。新型コロナウイリスの感染拡大をいち早く封じ防疫の手本…

おすすめ記事

  1. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  2. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  3. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  4. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
  5. 韓国の産業通商資源部は12日、日本の対韓国輸出規制強化措置について「我々は日本が提起した事由を全て解…
ページ上部へ戻る
Translate »