楽観論広がる仮想通貨市場、「ビットコインは年内に2万ドル突破」

楽観論広がる仮想通貨市場、「ビットコインは年内に2万ドル突破」

■年内にビットコインが2万ドル再突破?
ビットコインの価格が1万ドルを再突破したことで、仮想通貨市場に楽観論が急速に広がっている。

AMBクリプトによると、米仮想通貨投資ファンド、モルガン・クリーク・デジタルの創業者であるアンソニー・ポンプリアーノ氏は24日(現地時間)、2021年までにビットコインの価額が10万ドル、時価総額は2兆ドルに達するとの見通しを伝えた。

また人気ポッドキャスト「ビットコイン・ナリッジ」の司会者トレース・メイヤー氏は、「ビットコインが年内に2万1000ドルまで上がるだろう」と展望するなど、仮想通貨楽観主義者の発言が相次ぎ投資家の注目を集めている。

■BISの警告、「Facebookのリブラは金融網に潜在的な脅威」
コインテレグラフによると、国際決済銀行(BIS)は24日(現地時間)、フェイスブックの独自仮想通貨「リブラ」への懸念を表明した。

BISは、年次報告書を通じて、「巨大テクノロジー企業が主導する仮想通貨によって、国際金融市場の安定性とバランスが崩れる可能性がある」と潜在的な脅威について警告した。また「従前の規制政策では新しいデジタル資産を制御することができない」とし「技術と金融、データを包括する新たな規制案と各国の政策協調が必要だ」と強調した。

ビットコインが再び1万ドル時代に…大きくなる2万ドルへの期待感
Amazon、「仮想通貨は投機資産…事業計画はない」
仮想通貨Libraの競争相手は…「銀行」
フェイスブック、独自の仮想通貨「リブラ(Libra)」公開…グローバル規制問題が浮上
「仮想通貨取引所の平均寿命は18ヶ月」
フェイスブックの仮想通貨プロジェクト…超大型パートナーシップ公開
Bakkt、7月よりビットコイン先物のテスト開始
ライトコインが“アルトコイン強者”に… 今年に入って4倍上昇
フェイスブック、18日に仮想通貨発行か?
クレイグ・ライト氏は本当に「サトシ・ナカモト」なのか?

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のような仮想通貨の取引収入に対する課税案作…
  2. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  3. 写真はBTSのオフィシャルSNSから BTS(防弾少年団)が披露する新しい複合体験空間「BT…
  4. 米国のトランプ大統領が大陸間弾道ミサイルの実験を再開したとみられる北朝鮮に強力な警告のメッセージを送…
  5. 石油輸出国機構(OPEC)が総会で減産量をより増やすこと議論し、合意にほぼ達したことがわかった。5日…

おすすめ記事

  1. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  2. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  3. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  4. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  5. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
ページ上部へ戻る