ゴールドマンも独自の仮想通貨発行?

ゴールドマンも独自の仮想通貨発行?

■ゴールドマン・サックス、デジタル資産の商品開発に拍車
世界的な投資銀行ゴールドマン・サックスが、独自の仮想通貨の開発に乗り出している状況が明らかになっている。海外メディアによると、ゴールドマン・サックスは最近、デジタル資産プロジェクトを管理する専門家の採用を進めており、これはゴールドマン・サックスの内部でデジタル資産の商品開発を進めていることを意味するという。

ゴールドマン・サックスの最近の動きからみると、ブロックチェーンの技術をテストするレベルではなく、JPモルガンと類似した形態の独自の仮想通貨発行を準備しているようだ。

■欧州中央銀行、「ビットコインは通貨ではない」
欧州中央銀行(ECB)が仮想通貨について、「デジタル資産」との見解を改めて確認した。10日(現地時間)AMBクリプトによると、ECBの執行委員で経済アナリストであるフィリップ・レイン氏は、「ビットコインは通貨ではなく、デジタル資産」と定義した。

また「高い変動性のせいで通話の役割を果たすには無理がある。各銀行の準備通貨としてビットコインを確保する計画もない」と述べた。これらの発言は、ECBが仮想通貨を通貨ではなく、資産として見なし、規制や制度的装置を用意しているものと解釈される。

米格付け会社ワイスレーティングス、ビットコインに初の「A」評価
ビットコインが急騰…1万2500ドル突破
中国中央銀行、「Facebookのリブラに対抗する金融インフラを推進」
欧州中央銀行、「Facebookのリブラに迅速な規制が必要」
アップルやスターバックスに続きフェイスブックも…金融サービス競争の激化
急上昇への疲労感?ビットコインが11%安の下落
ビットコインが1万2500ドル突破…上昇理由は「FOMO効果」

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  2. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  3. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…
  4. ‐2018年1月以来の1万5000ドル超え‐コロナ禍に米大統領選の不確実性加わり‐大統領選不服によ…
  5. 写真はトランプ氏のツイッタ 大統領選主要地域での勝利、不正開票などを主張したドナルド・トランプ米国…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »