ゴールドマンも独自の仮想通貨発行?

ゴールドマンも独自の仮想通貨発行?

■ゴールドマン・サックス、デジタル資産の商品開発に拍車
世界的な投資銀行ゴールドマン・サックスが、独自の仮想通貨の開発に乗り出している状況が明らかになっている。海外メディアによると、ゴールドマン・サックスは最近、デジタル資産プロジェクトを管理する専門家の採用を進めており、これはゴールドマン・サックスの内部でデジタル資産の商品開発を進めていることを意味するという。

ゴールドマン・サックスの最近の動きからみると、ブロックチェーンの技術をテストするレベルではなく、JPモルガンと類似した形態の独自の仮想通貨発行を準備しているようだ。

■欧州中央銀行、「ビットコインは通貨ではない」
欧州中央銀行(ECB)が仮想通貨について、「デジタル資産」との見解を改めて確認した。10日(現地時間)AMBクリプトによると、ECBの執行委員で経済アナリストであるフィリップ・レイン氏は、「ビットコインは通貨ではなく、デジタル資産」と定義した。

また「高い変動性のせいで通話の役割を果たすには無理がある。各銀行の準備通貨としてビットコインを確保する計画もない」と述べた。これらの発言は、ECBが仮想通貨を通貨ではなく、資産として見なし、規制や制度的装置を用意しているものと解釈される。

米格付け会社ワイスレーティングス、ビットコインに初の「A」評価
ビットコインが急騰…1万2500ドル突破
中国中央銀行、「Facebookのリブラに対抗する金融インフラを推進」
欧州中央銀行、「Facebookのリブラに迅速な規制が必要」
アップルやスターバックスに続きフェイスブックも…金融サービス競争の激化
急上昇への疲労感?ビットコインが11%安の下落
ビットコインが1万2500ドル突破…上昇理由は「FOMO効果」

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の徐虎(ソ・ホ)統一部次官は16日、慶応大学で開催された「朝鮮半島国際平和フォーラム」に出席し、…
  2. 懸念の声が高まっているフェイスブックの独自の仮想通貨「リブラ」が、米国の安保上の問題にまで浮上してい…
  3. 日本による輸出規制措置に対し、韓国政府がWTO(世界貿易機構)を中心とした「国際世論戦」と「WTO提…
  4. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  5. 通称「カブトムシ」で広く知られている、独フォルクスワーゲン(VW)の小型車「ビートル(Beetle)…

おすすめ記事

  1. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  2. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  3. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  4. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
  5. 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8日、日本政府の「輸出規制」の撤回を要求した。…
ページ上部へ戻る