ビットコインが1万2500ドル突破…上昇理由は「FOMO効果」

ビットコインが1万2500ドル突破…上昇理由は「FOMO効果」

取り残されてしまうことへの投資家の恐怖感がビットコインの価額を大幅に引き上げている。最近抵抗線とされた1万ドルと突破したばかりのビットコインは、いわゆるFOMO(Fear Of Missing Out)効果が強力に作用し、とどまるところを知らないエネルギーで強いラリーを続けている。26日には1万2500ドル線も軽く乗り越えている。

コインマーケットキャップによると、26日午後14時50分時点でビットコインは過去24時間前より約11%高の1万2585ドル前後で推移し、今年最高値を更新し続けている。時価総額は2237億ドルで、市場シェアは60.9%に達している。

専門家らの楽観的な見通しも続いている。仮想通貨専門調査会社ファンドストラット・グローバル・アドバイザーズ(Fundstrat Global Advisors)の共同創設者トム・リー氏はは最近、「ビットコインの価格がFOMO効果とフェイスブックの仮想通貨リブラに対する期待感で短期間内に4万ドルまで急騰するだろう」とし「仮想通貨市場の冬は終わった」と語った。

またシリコンバレーの有名ベンチャー投資家のチーム・ドレイパー氏は米サンフランシスコで開催されたカンファレンス「ビットコイン2019」で講演し、「ビットコインは25万ドルまで上昇する」との従来の見通しを再確認した。

ビットコイン、12000万ドルに急接近…年間最高値更新
楽観論広がる仮想通貨市場、「ビットコインは年内に2万ドル突破」
ビットコインが再び1万ドル時代に…大きくなる2万ドルへの期待感
Amazon、「仮想通貨は投機資産…事業計画はない」
仮想通貨Libraの競争相手は…「銀行」
フェイスブック、独自の仮想通貨「リブラ(Libra)」公開…グローバル規制問題が浮上
「仮想通貨取引所の平均寿命は18ヶ月」
フェイスブックの仮想通貨プロジェクト…超大型パートナーシップ公開
Bakkt、7月よりビットコイン先物のテスト開始
ライトコインが“アルトコイン強者”に… 今年に入って4倍上昇
フェイスブック、18日に仮想通貨発行か?

関連記事

ピックアップ記事

  1. 写真はバイデン候補のツイッタから 米国大統領選挙が2週後に迫った状況で、民主党のジョー・バイデン候…
  2. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  3. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  4. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  5. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »